(覚え書き)SugarsyncとDropboxとSyncConnect

SugarsyncとlDropBoxはオンラインストレージ、広報日記でも何度か書きました。
いつも通り乱暴な例え方をすると、バッグも免許証も財布など、お出かけの必需品の数々を自宅においてある「どこでもBOX」に入れておく。
出かけるときはの鍵だけ持ち歩いていれば、必要になった瞬間、その鍵で空中をカチャ!と回すと好きなものを取り出せるというシステムです。

特定の条件の中に保存しておけば、どこのPCからもオンライン上でデータを取り出せるしくみです。
もちろん携帯スマフォからも取り出せるし、携帯スマフォで撮った写真も簡単にそこにアップロードできる。
いちいちデータの移動をしなくても自動的にやってくれるという設定もある。便利だね!


さて私は現在CF-82(デスクトップ)の改造途中であり、いつそれを再開できるかわからないし、成功するかもうかもわからない状況です。(大前提)

そのため会社メインPCメインサーバシステムはともかく、常用のデスクトップをノートPCで代用するようにネットワークを作り直し中です。



まだやってたのか!

ええまだやってました・・・(涙)



一応、自分の時間は夜中の3時から5時までの2時間しかないので、その時間でフルに調整をしています。

(内容)興味のない人にはどうでもいい話だが
CF-NX1をデスクトップ化し、CF-J10をモバイル専科とし
Cf-NX1でやってる作業が常にCF-J10に反映されいつでもどこでもその続きができるようにし
それらをメインサーバーに更新記録とともにバックアップし(いつでもさかのぼれる)
さらにUPS(無停電電源装置)を介してシステムダウンに備え
その上その物理的保管状態のデータを契約しているクラウドシステムに定期的に自動で吸い上げてもらい
すべてに二段階セキュリティをかけるという仕組みを、ようやく今夜できそうな予感

持ち出すのはいいけどセキュア化しておかないとモバイルPCなくした時点で全面的に終了
となってしまう。いまや携帯(スマフォ)すら立派なデバイスとしてメインネットワークに直結している時代ですので、備えあれば憂いなし!って感じですね。


それでもまあ日常使いの部分が一番大事なわけで、そこをフォローしているのがこの
SugarSync と DropBox なわけです。

SugarSyncは本当に素晴らしく、これなくしてはちょっとやっていけないぐらい活用しています。
ホッケーの写真のやり取りや、書類の転送にも使っているし、何よりも2GBや3GBの大きなデータを転送するにもリンク1本ですむから本当に便利。
さらにWEBアーカイブという仕組みがあり、ハードディスク上で容量を食うことなく完全クラウド化できる機能もあるためもう手放せない。
(興味のある人はこちら→
SugarSync紹介リンク
 このリンクから登録するとお互いに容量が増えるのでよろしければどうぞ。

まあでもちょっと環境によっては重い時もあるので、シンプルに使って安定性重視ならDropBoxですね。
SugarSyncと使い分け、安定性という谷間を埋めているのがDropBoxです。
SugarSyncに比べて微細な設定はできないのだけれど、動作安定感は抜群。
本当にどこでもドア化しています。

で、これらの仕組みを活用するために欠かせないのがIOデータが無料配布しているSyncConnectです。
こんなにすごいソフトを無料で開放していいのか>IOデータ!
日本企業は太っ腹だなあ とも思うんですが
本来はIOデータはお客様向けに作った模様です。でもIOデータの商品を使ってないと機能しない!などという制限が一切ない心の広いソフトないので


好きな時間に
好きな場所から
好きな場所へと
好きなサイクルで
好きなデータを送って


同期ができる!


という単純だが実に役立つソフトです。
IOデータのサイトから即DLできます


今作業をしてる真っ最中のデータを 確実にSugarSyncだDropBoxだBicasaだD-Driveだ
あらゆる仕組みの任意の場所に 自動的に放り込んでくれるありがたいソフトなのです。


と、ここまで書きましたがいずれもオンライン化することで同期されるものですので、
いかにオンライン状況を作るかは重要ですが、Wi300という月間380円のWifiネットワークが
さまざまなWifiのどっかにPCとスマフォをつないでくれます。


いま携帯3台ですが。。。私のプライベートなWiFi関係の環境は
「月額ALLで1000円以下」となっています。安っ!
持つべきものは業界の友ですな、いろんなことを教わりましてお得なことになっております。
本当に友情に感謝!


必要は発明の母というか、なんでこんなに通信費ばかり払わなくちゃいけないんだよ!という憤りが過去にありました。そこが出発点です。
私も大して知識のある方ではないのだけど、これからの時代は(今もだけど)知識のある人とない人の間でものすごい格差が生まれ、知識のない人はIT社会の「養分」になってしまうんじゃないかと思う。ヤダヤダ!
養分にはなりたくはない!・・・という焦りが必然となって知識の獲得に向かう情熱を生むのですね。

さて忘れてました。DropBoxの紹介リンクも書いておきます。
これもお互い容量UPなのでご興味のある方はぜひご登録してみてください。
DropBox紹介リンク


最後になりましたけどこの1週間DocomoとPanasonicのカスタマーセンターに二度ずつ連絡を取りました。いずれも素晴らしい対応だった。
私の記憶に燦然と輝くカスタマーサービスは


はごろも(シーチキン作ってる会社)


なのですが、DocomoもPanasonicも素晴らしい。
結局、全ての面で知識を獲得することなどは一般ピープルの我らには不可能であり
じゃあ何で補完するかといえばそうしたカスタマーサービスしかなく
カスタマーサービスがいかに本気でお客様(である我々)のこと考えて良策を示してくれるか
は非常に重要なのだと知る。

この点において日本の企業は群を抜いているし、携帯キャリアではDocomo、電機メーカーでは松下が、それぞれ他の追随を許さない。結局我々はモノではなくサービスを買っているのだなあと実感する。
そういえばバッファロー、ブラザーもこれでもか!これでもか!というぐらいに親切すぎる説明がWEB上に上がっていますねー。

共通することとして、さんざんワケの分からない質問や意味不明のあいまいな疑問をぶつけてようやく解決して向こう的にも「ああやっとこれで電話を切れる」だの「もうこれでさすがにメールも来ないだろう」と思っているだろう瞬間、つまり最後の最後に必ず


「他には何かご質問はございませんか?」


とさらにもっとお代わりを要求してくるのだった。すごいというかよく途中で投げたりキレたりしないなあ。
私のような未熟な人間には絶対に勤まらないと思う。>カスタマーサービス要員
バッファローもブラザーも名古屋の会社だよね、ほんとに誇らしい
これからもいろんなところではごろものカスタマーサービスの素晴らしさを説いて回ってしまいそうな私(苦笑)

そして私の周りでWindows使っている友人たちはこの15年で見事に全員ノートPCはPanasonicになり、その台数は多分通算で100台超えてる(笑)私は松下に表彰されてもいいと思うよ!
一切私にはお金も入ってこないけどさあ!(笑)でもみんな「すごくいいわ、ありがとう」といってまた次も買うので、なんだかうれしいというか。


あっ5時だ
寝る時間になったので寝ます。
あっという間に朝が来るぅ



---☆--☆---------------------

▼名古屋フラーテルホッケーチーム公式サイトはこちら
http://www.frater.or.jp/

▼コメントは下段より投稿可能です。
なお、こちらには投稿された方のメールアドレスや個人情報は届きませんので、
返信を希望される場合はメールアドレスを記載して下さい。
(個人的なメッセージは【非公開コメント】にチェックを入れてから送信して下さい。)

---☆-------------------☆----
[PR]

by fraterkouhou | 2014-07-02 04:39 | IT携帯PC

<< HJLスケジュール完全版が来ました! HJL日程がまた変わりそうだ >>