ぶつぶつ、洋物ドラマ・お気に入りchなど

「クリミナルマインド」
ハッキリ言ってガルシアだけいれば解決する。
プロファイルがほぼ無意味なのに自家用ジェットで移動するとか
そんな捜査チームいるわけない!
というかシーズン5の最終回!その終わり方はないって!


「メンタリスト」
すごく面白いんだけど、レッドなんとかとの戦い、というのが
もうめんどくさくなってきました。
ストーリーと音楽性はすごくいいです。
その点においてはシーズンを重ねても劣化が少ないのがすごい。


「チャック」
結局はこの手のドラマが一番面白く見られるのかなあ?
チャックがだんだんヘタレじゃなくなってきてるのが残念。
もっとヘタレなほうが面白いのに。


「ブラックリスト」
いける!いまんところ大変おいしくいただいています。
日本初上陸とのことですけれど、このようなタイプのドラマは
日本人受けすると思います。
悪だけど善、善だけど悪、という価値観の揺らぎがいいですね。


「ボディオブプルーフ」
期待はずれ。主役の女性がどうも魅力がない。
それと、ゲーム展開・・・・じゃなくてストーリー展開がちょっとイマイチ。
女優さん絶対に整形してると思う。顔が怖いもん。


以上はスーパードラマチャンネル。



以下はおまけ。(チャンネル銀河)

「最強三国志祭り」
なかなか面白いです。三国志というくくりだけれど、全然三国志でもない
(その時代を背景とした三国志とは無関係なドラマや映画)も多いけど
中国の、人力にものを言わせたスケールの大きな撮影環境に圧倒されます。
でも原作は日本のマンガだったりして(苦笑)

三国志のドラマや映画の中でも特に「Three KingDams」は突き抜けて面白い。
俳優陣の演技もさることながら衣装やカメラアングル、小物などの凝りっぷりが。
既に全編DVDで2回見たけどまた見てる(苦笑)
三国志とか忠臣蔵とかお約束な物語も、自分の年齢や環境により視点が変わる。
何度も見るけど見るたびに考えさせられます。
ロングセラーなものにはやはり意味があると思いました。


最近のお気に入り
「多摩南署たたき上げ刑事近松丙吉」
伊藤四郎主演。
伊藤四郎とか西田敏行とかって、すごいなあと思う。
演技ににじみ出る何かがあるし、味わいがある。
同じ時間帯で3本同時に録画できるのだけど、それでもこの
多摩南署・・・は圏外になってしまった。
同じ時間帯に「コールドケース」(AXN)がやっている関係上
どうしても録画ができないのだ。
でもこうした古い日本のドラマのほうが実は貴重。
だって永久にDVD化とかされるはずがないし。

心に残ったもの
「母恋い」(劇団ひとり主演) チャンネルは忘れました。
これはすごい映画だった。黒木瞳ののほほんお母さんもすごいけど
劇団ひとりの俳優としての姿を見た気がする。
だって年末のダウンタウンの笑ってはいけないシリーズで
殴られて泣く役しか見てないんだもの。
平安時代の圧倒的な身分システムやら(身分が違うと母にも会えない)
全てを奪い去る権力者の姿とか、よく見ている江戸時代のものとはまた違う。


ご覧の通り民放とお別れしてもう長い長い歳月が流れておりますが
本編と本編の間にあるどうでもいい長尺通販CMさえミュートしておけば
どう考えてもCSの方がいい。
民放の番組って、バラエティ中心でタレントを出すための番組ばかり。
そしてCM前の画面には必ず肝心なところにモザイクがかかっていて
視聴を引き伸ばす作戦になってる。
さらにCM明けも数十秒、同じことをもう一度放送して視聴率を稼ぐ算段。
だから絶対にリアルタイムでは見ない。
見たいものがあれば必ず録画し、CMを飛ばし、不要なCM明けのリピート映像をパス。

CMを長く作っていた私とは思えない発言ですけど
もう時代は変わり、マスコミの仕組みも変わった。
東京都知事選挙で20代を中心に60万人が田母神候補に入れる時代です。
テレビにも新聞にもほとんど取り上げられず泡沫候補扱いだった彼が
組織票なしの4位で60万票は、メディアパワーの主役交代をいよいよ告げていると思う。





[PR]

by fraterkouhou | 2014-02-14 14:16 | TV・映画

<< (覚え書き)MEDIAS W ... カラスの集会・集団の意味 >>