カテゴリ:アイテム( 20 )

モンブランの4色ボールペン(1960~?)

また買ってしまった。
これは多分1960年ごろの製品

a0275715_161129.jpg
なななんと、スライド式の4色ボールペンなのだ。
しかも4Cという標準レフィルが使える、時代を超えたスゴイ奴!

a0275715_164644.jpg
モンブランマーク(天冠)がフワっと膨らんでいるのが愛しいな~(←バカです)

a0275715_16501.jpg
7月の頭ぐらいからずっと、デスクから一歩も動けないような生活をしているので、ついつい悪い病気が出て「趣味の文具」を買ってしまう…このペンは私が生まれる前に作られたアンティークでありながら、全く以て何の問題もなく現代でもちゃんと実用的に使えて、しかも現行では作られていない「4色ボールペン」であるため、実のところ以前から欲しくて欲しくて仕方がなかった(苦笑)

銀色はたまにあるけれど、金色はなかなか見つからなくて、今回は見た瞬間買った。
シンプルな構造で重さもあり、雰囲気はとってもメカニカル。二重三重に私好みなアイテム。
商品が届いてすぐ、分解を試みたが1か所しか分離ポイントがなく、金属加工機で縦に切らない限り内部構造が明確にならない。
昔の筆記具ってそうだ。金型加工された「ボディ」の中に、ぴったりハマる芯がきちっと入っている。



[PR]

by fraterkouhou | 2014-09-01 01:05 | アイテム

香芝にて(おみやげ)

山下バイスキャプテン(副将13FB山下学)におごってもらった!

a0275715_1631361.jpg
奈良出身の川上啓さん(11MF川上啓)お勧めのお土産、たこパティエ買いました。
啓さんは口が肥えてそうだから信じてみる。
a0275715_1632346.jpg


同じくトシローさん(主将17FW橘敏郎)にお勧めお土産を聞いたら
もう「これ以外ない、これしかない」と他の選択肢を委細与えずガチ押しがこれ。
a0275715_1633724.jpg
ぐー 自分では絶対に食べないだろうけど
こういうもの好きそうな人がいるので、買って帰ろう、
なにしろ11連覇の優勝を成し遂げたフラーテルのキャプテンの押しアイテムだから
縁起もよろしいに違いないのでございます。

バスの運転手さんが、面白い話をいっぱいしてくれる。
スポーツチームバス移動よもやま話。
書けないこともいっぱいあるけど!!(笑)

例えばね高校野球などで優勝したり、いいところまで勝ち進んだりすると縁起を担いで
その運転手さんがいい!!と言われるらしい。
他にはうちはこの座席重視の大きなバスですが、サロンカーじゃないとダメ!!という社会人チームもあるそうです。
そこは勝っても負けても帰りは飲みまくりなのだそうで
ウチではそうぞうできないな… 大体1年に1度ぐらい 最終戦の終わった後に缶ビールで乾杯する程度
よく聞かれるんですが朝昼晩のチーム全員での食事で酒はウチは飲みません。

まじめなんだなー


[PR]

by fraterkouhou | 2014-07-23 16:02 | アイテム

最近の宝物

私があまりに「しんかい6500」がヤバい!かわいいのにすごい!
と書いているからであると思うのですが、友人がしんかい6500のストラップをくれました!!

a0275715_0181026.jpg



ガーン リアル!
それもそのはず このストラップはしんかい6500のいわばホームであるJASMAC(独立行政法人海洋研究開発機構)が一部の研究機関のショップのみで販売したり、申し込み抽選により参加できるイベント参加者に、参加記念に配布するものなのだそうです。
※しんかい6500は、独立行政法人海洋研究開発機構が所有する大深度有人潜水調査船。

その横に1980年製のアンティークであるスマーフのフィールドホッケー人形を並べておく。

a0275715_0184818.jpg



このスマーフはユニフォームの色が緑とか赤とかあって、いま3体ぐらい持っています。
他には黒いユニフォームのキウイバードがホッケーをしている同じようなPVC人形(むろんオーストラリアのお土産)とセットで
1個ずつ地道に集めていて、11体集めてチームを作るのが夢(どんだけさみしい夢なのだ)


このところもう足掛け2年近く、尋常ではない忙しさであり、2月とか3月とかそのあたりの時期の忙しさを考えると
もうあれ以上忙しいのはさすがにしばらくないだろう・・・と思っていたら、この5月6月がそれを超える忙しさ。
寝る時間がないにもほどがある・・・

今回の福井遠征は7月11日の明け方(って今日か。)までかかって手元にある締め切りを全部クリアして
バスに乗ってきたのですけれど、移動して宿舎についたら14日締め切りのものがドヤドヤ来ました。
11日(金)移動日 12日(土)試合 13日(日)試合 このスケジュールで名古屋に帰って
14日(月)締め切りはさすがに無理だろう 試合に行かずに意味不明に宿舎に居残ってやる?(無理)

人は不思議だ
自分が寝ている間に誰かが片付けてくれることを望むよね
あるいは 自分が土日休んでる間に 誰かが土日のうちに片付けてくれることを望む
だから明日の朝イチ とか週明け月曜朝に とかそういう締め切りになるのだろうけれど
私は夜遅い(明け方までだとしても)・・・のはいいとしても、土日は基本的に休む。
休むというよりは予定通りに行動する。私の土日はほぼ半年先まで予定が決まっております。
ホッケーの試合を含め、何もしないという予定も含め、何かをする、どこへ行く、誰と会う も含め

あっ。
フラーテルファミリーはやりますよ
これも月曜締め切りですけど戻ったらすぐやります。
これはやらせていただきます。
毎号、東谷GMを中心にみんなで力を合わせ、選手も協力し、手作りで出してきて早や22号・・・

まあこの22号だけは貰っておきなさい。無理やりにでも。
今年の選手の一覧と年間スケジュールが載っているので。




a0275715_035099.jpg
とにかくね休みをきちんとスケジューリングしないと休めない
休みこそガチでスケジューリングしないと。
選手もいつも言っているでしょう。
「いつが休みなのかをお願いだから教えて」
そうそう、もちろん急に休みになるのはわかる
でもガチな、絶対に飛ばない休みがあり、それがはっきり明確化していると
そこを目指して頑張れるのだよね。

先月は確か6月30日がそれでした、4月20日から1日も休みがなかった私の
2ヶ月半ぶりの休み(3連休)の最終日。
実家にでも顔を出そうかなと思って、早々と6時ぐらいに風呂に入っていた。
そして全く違う意味で実家に行くことになったのだった・・・。(この話は後日)



[PR]

by fraterkouhou | 2014-07-12 00:16 | アイテム

ヤバイ。PCを買ってしまった。

軽い気持ちで勝ってしまいました><
a0275715_919098.jpg

(写真はPanasonicメーカー写真)

2012年製でCore i3だからまあ非力と言えば非力なのだけど・・・

↓↓この写真を見た瞬間に買ってしまいました!!↓↓
a0275715_9254338.jpg

a0275715_9253972.jpg



バカっ!
しないだろ私こういう使い方!こんなおしゃれな生活してないくせに!!


不思議だ 発売当初は全く欲しくなかったのですけれど。
ちなみにですね、わたくし数日前にこんなことを書いたばかりです。
http://fratergogo.exblog.jp/19917561/
再掲しますね


今考えていること(羅列)

【PC】
CF-R7のHDを大容量SDDに換装しWin7を搭載してみようかな。
今のNX1は確かに素晴らしい!CF-Rシリーズを使っていた人はJ9とかJ10を買うと後悔する。
Rの系譜を受け継いでいるのはJではなくNXだと確信。でもデカイんだよね。重いんだよね。
悩んだ挙句引退したR7の大手術を決断した。後戻りはできない・・・。
あ、私がPCと言えばそれは即ちPanasonicのLet's noteのことです。

【Win7かWin8か】
圧倒的にWin7の方が評価が高いのは知っていますが、私は今Win8.1を使っています。
できればマシンのOSは全部統一しておきたいのだけれど、Win7も使ってみたい。
使ったことがないから。XP→Win8.1 への飛び級組なので・・・。


今日、朝の6時1分というおかしな時間に、Panasonic Let'snote CF-J10を買ってしまった時点で
上記2つの脳内妄想に対し、自動的に答えが下されたわけです。


まずCF-R7の換装はやめた。どうしてか分からないけれどHDDからSSDへ換装に躊躇する。
自分で自分をこの臆病者!!と罵りたいけれど、HDD→SSDという腎臓移植のような手術は
ちょっと今んところやるテンションがない。
なのでもしそれをするなら(何らかのPCの)SSDモデルを買い、SSD→大容量SSDへの換装
というのでいいんじゃないか。って気がしたんです。
あとはCF-R7は超お気に入りマシンであるから、手術をしたくなかった というのもある。
(意味不明ですけれど)

CF-NXは今後デスクトップ化して使用する予定
せっかく買った大容量バッテリもしばらく出番なし。
けれどメインマシンで使えるぐらいいろいろいな要求度を満たしてくれますので満足しております。

Let'snote の良い点は、カタログ値以上の働きをするところかな?
「この点が気に入って買った!」の部分は絶対に期待を裏切らないばかりか
「なんと!こんなすごいことが!」的な良いほうに期待を裏切ってくれるマシン揃いだから
一応CF-J10にも過度な期待をしている私です。

こうして延々と、モーニング衝動買いの言い訳を書いている私ってどうなの(苦笑)

さてOSですが今さらだがこれでWindows7デビュー!!(苦笑)
なんか嬉しいんですけど!

早く来ないかな~


Let'snote は とにかく高い という印象位がありますけれど
普通のノートPCが2台 いや下手したら3台買える
しかもMyLet'sというスペシャル仕様にすると恐ろしいほどの高額なお買い物になってしまう
そんなLet'snote が、やはり国産品の頂点だと感じる点は
・壊れない 本当に壊れない ひたすらに壊れない
・信頼できる 裏切らない
・修理などのメンテナンス体制が万全
・内部構造がシンプルで、まるで手術(改造)してくださいと言わんばかり・・・・・(笑)
記者席でも喫茶店でもLet'snote のビジネス利用率は非常に高いのです。
これだけイイと他への浮気ができない。(怖くて)

そんなLet'snote をずーっと買っている、ゆえにたくさん持っている(使ってないのも含め)私としては
よい中古を安く書いたいという相談がよく来ます。
一度もLet'snote を使ったことがない、とりあえず激安で一度お試しで買いたい という方は
法人使用PCのメーカーリフレッシュ品をまずはお勧めします。
例としてこういうやつですね。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/stb-leasing/
法人レンタル品のお下がりだからガッチリ使われている場合もありますが
メーカーが点検してクリーニングと動作確認をしている点は非常に魅力。
・・・って私は買ったことがないけれど(どんだけ無責任なのか)

ええと今回のCF-J10は、新品を49800円で購入。
あまりの安さに勝手に手が動いて気づいたらもう買っていました。
誰からの何の需要もありませんがPCが届いたらレポを書きます。


私のCF-J10のデビュー戦は福井かなあ~
ランラン!


---☆--☆---------------------

▼名古屋フラーテルホッケーチーム公式サイトはこちら
http://www.frater.or.jp/

▼コメントは下段より投稿可能です。
なお、こちらには投稿された方のメールアドレスや個人情報は届きませんので、
返信を希望される場合はメールアドレスを記載して下さい。
(個人的なメッセージは【非公開コメント】にチェックを入れてから送信して下さい。)

---☆-------------------☆----
[PR]

by fraterkouhou | 2014-06-25 09:27 | アイテム

愛用品

これ、モンブランのペンケースです。
a0275715_493266.jpg


開けるとハートになっている、一目見て気に入りました。
もう随分愛用しています。
a0275715_410712.jpg

モンブランは男性っぽいイメージがありますが実は意外にかわいいものを売っている(笑)
そのモンブランのカワいいシリーズに目がない私です。

中身は2本しか入らない。しかも短いペンが。
その空間の無駄さ加減がいいですね!(どこがだ!)

入っているペンは・・・

ボエム ジュテーム
ジャングルアイズ

a0275715_411859.jpg


ボエムは短めのボールペン ペンホルダーの先に飾りの石が入っていて、
さまざまな種類があるのですが私はこのジュテームというハートのものを使用中。
ボディは黒と金のおなじみのカラー。
名古屋ヒルトンの地下にあるブティックで時々モンブランのペンを買っていたころ
絶対に買っておくべきだと強く強く勧められ、言われるがままに買いました。
(のちにその言葉は正しかったと知る。買わなかったら後悔していただろう)

ジャングルアイズはシルバーのボディにダイヤの形の石が入っています。
これもいろいろな種類があるみたいですが私はブルートパーズのものを使っています。
こちらもボールペン ボエムは太字だけどこちらは中字ぐらいかな。
ボエムが黒ボディなのでシルバーボディのペンが欲しくて買いました。

a0275715_4104876.jpg


どちらも長い間愛用しています。
「書き味が違う!」とか「手に吸い付く感じがいい!」といったマニアックなコメントはできないのですが
「一文字目からガチで書ける。試し書き不要、文字のかすれやボール部分の引っ掛かりもナシ」
という点、この1点においてモンブランのボールペンは非常に優れている。だから愛用しています。
メモをするときなどに即文字を書きたいので。

横にあるのは時計 この時計の写真をアップするのは多分2回目
懐中時計という種類のものですが、外側のリングを起こすと置時計になるため
会議や講演などのときにデスクに置いておけるため重宝しています。

この時計は表示灯ホッケーチームのファイナルパーティの関係者記念品です、
a0275715_4121280.jpg

[PR]

by fraterkouhou | 2014-06-22 04:12 | アイテム

サラダスピナー


見た瞬間に買ってしまった。
サラダスピナー!!

a0275715_10573391.jpg

サラダ好きな人々を悩ませていたサラダ野菜の水切りが手軽にできる!(爆笑)
ただそれだけのものなんですけど実に便利!テンション上がる!

a0275715_1057291.jpg

ハイ、こちらでございます。
カイワレ、ブロッコリースプラウトを入れる。

a0275715_1058470.jpg

そこに、今私がハマりにハマっているベビーリーフも入れる。
カイワレもブロッコリースプラウトもベビーリーフの一種ですよね。
要するに、野菜の芽。成長する前の野菜。
少量でも栄養価が高く、成長度の野菜にはないさまざまな成分が含まれている。
だから、混ぜて食べると良いのだ。

a0275715_1057551.jpg

ラベルによれば・・・
水菜、ルッコラ、ピノグリーン、レッドマスタード、スイスチャード、ロロロッサ、レッドオーク、ターサイ、レッドロメインのベビーリーフだそうです。
舌噛みそうな野菜の名前だなあ。

これにブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトと
大根の新芽であるカイワレを合わせて・・・・・
a0275715_10584315.jpg

よく洗ったサニーレタスをその上にドチャっと置く。

a0275715_10583172.jpg

そしてハンドルを持ってグルグルとスピンさせる!
遠心力で野菜の水分が飛ぶわ飛ぶわ!
水を出す口(水切り口)からはびっくりするぐらいの水が出てきました。

a0275715_10591672.jpg
ハイ、全体はこんな感じです。
これでもうサラダ用の水切りボールは不要であると判断し、全部片付けた。
a0275715_10591970.jpg
フランフランで1600円 高いのか安いのかよくわからんけど
見た瞬間欲しくなって買った。

サラダ用の野菜は手でちぎって、カイワレは調理用はさみで3つぐらいに短く切り
ブロッコリースプラウトはよーくほぐしておく
ベビーリーフはざっと水洗い。

単種の野菜のサラダは飽きてしまうし、ブレンドサラダにする方が栄養価のバランスは
ぐっと上がります。





私「野菜を食べない者は肉を食べる資格なし」

選手「野菜は大事だ!」




[PR]

by fraterkouhou | 2014-03-24 10:54 | アイテム

今女性に贈ると確実に喜ばれるアイテム。

一昨年ぐらいからじわじわ火がつき、昨年ついに大ブレイクし、
今やもう実物を見ることすらが難しい状況、
当然通販なども売れすぎてサイト自体が販売を停止してしまっている


LAMEDALICO(ラメダリコ)でございます。

(o o)カワイイじゃないかーーーーーーー!!!

a0275715_16202778.jpg
以下は公式サイトより転載の紹介文。

ラメダリコのアクセサリーは、天然石やパールに金箔や本金糸、
金色銀糸などを組み合わせて作っています。
金箔や糸は、金沢の金箔メーカー「箔座」のもの。
伝統的な手法で作られた純度の高い金箔や純金プラチナ箔は、
パールにのせるとまた違った表情を見せてくれます。
サファイアやアメシスト、ルビーなどの天然石は、
クリアで輝きが美しいものをデザインに合わせ、ひとつひとつ選びました。
糸で留めていくことによって、華奢でありながら大らかな印象を持つ、
石の魅力を直接肌で感じられるアクセサリーになっています。

○デザイナープロフィール
小野桃子
2006年より、箔座株式会社とコラボレートした、金箔や糸を使ったアクセサリーの製作を開始。
2008年 初の展覧会『LAMEDALICO MARKET』展をNidi Galleryにて開催。
2009年 二回目の展覧会『LAMEDALICO GARDEN』展をNidi Galleryにて開催。


さて、お高いんでしょ???
と思いますね、いいえ3500円ぐらいです。おおお!買えるじゃん!!
と思うよね。

a0275715_16064401.png

これは流行るわ
かくいう私も全く別なもの(タロットカード大アルカナの「V法王」のカードの意味)を調べようとしていた時に、画像検索で飛び込んできて一瞬で目を奪われたという経緯でコレを知ったのです)

あの昔はやったミサンガには何の興味も関心も持てなかったし、いかにもフォークロアっぽくて苦手でした!うん!けれどこのミサンガは名前はミサンガですけど全然あのミサンガとは違って、印象としては「スワロフスキークリスタルのブレスレット」って感じですよ。

さあさあ

もう生産が追いついていない感じですね。
ラメダリコ 通販 でも全然買えそうな気配がない(苦笑)
既にもう品薄であったにもかかわらず、ダメ押し的に昨年12月にともさかりえのツイッターだかブログだかで紹介された時点で終了ですね、何だか分からないが激レア化してしまった。

a0275715_16182794.jpg


それがゆえに、今これを手に入れて女性に贈ったりした日にゃ
勇者です勇者。
アンティークウォッチコレクターの私にはこのアンティークウォッチそっくりのアウトラインがたまりませんけど!!!

現実は↓

a0275715_16283723.jpg
四神獣ブレスレット!!!
母からの誕生日プレゼントです。
水晶とかメノウとかいろんな石で構成されていて、
説明によると・・・・

中国神話では、四方向を守護する神として、東を青龍、南を朱雀、西を白虎、北を玄武が守るとされている。
a0275715_16544094.jpg

「青龍」は、東を守護する天神とされ、「財運・出世運」を与える。
「朱雀」は、南を守護する天神とされ、「家庭円満運」を与える。
「白虎」は、西を守護する天神とされ「商売繁盛」を与える。
「玄武」は、北を守護する天神とされ「健康運・無病息災長寿」を与える。
またそれぞれ風水では、これらの四神が揃った土地は理想的環境とされ、「四神相応」と言われています。【四神相応】とは、恋愛成就、商売繁盛、昌運円満、子孫繁栄、成功、息災延命、などのご利益があるとされている。
そしてブレスレットの中に縁起の良い石で四神相応の世界を作ったものがコレ、なんだそうです。

だってえ!すごー!


って私知ってました、しかもこれ欲しかったので!(笑)
そして私の自宅のPCのデスクトップは10年以上前からこの四神獣なのだ。
(画面の上下左右に4つの神獣を配置しております。)

あの高松塚古墳にも四神獣の絵が描かれているのはあまりにも有名だ。
a0275715_17055156.jpg
誰でも知っているこの絵↑
a0275715_17061545.jpg
絵が劣化してはいるものの、明らかに「玄武」ですね。


なんでかしらないが母は不思議に私が欲しいものを言い当てたり買ってきたりするのだ。
私もいい加減霊感&直感強いのですけれど、確実に母方の血統だと思う。
妹も相当強いのですね。そして母方の血統は神領を任された先祖代々の氏子総代の家系なのです。(といっても家が古いだけでただのの農民ですけどー)


話は戻るけどラメダリコね。
欲しいけどこの四神獣ブレスレットは何だか万能なご利益がありそうなので、ラメダリコは我慢することにした。(笑)

やはり
カワイイ<財運・出世運・家庭円満運・商売繁盛・健康運・無病息災・長寿
でしょ!ああ色気がないのう。



[PR]

by fraterkouhou | 2014-01-10 16:50 | アイテム

読書読書。コンビニで購入。

目を休めるためにPCや携帯の液晶を見る時間を減らしています。
見る時は出来る限りブルーライトプロテクショングラスをするようにしています。
で、携帯もPCもないと手持ち無沙汰なので、寝モバ代わりに読書復活。
コンビニでぱっと買って即読んでます。


今日の2冊。昔から興味のある分野でこのジャンルの本は100冊を超えるだろう!
a0275715_23544793.jpg


私の特徴としては興味を持つとガッツのある行動でそれを実体験するという点でございます。

「日ユ同祖論」(イスラエルの失われた10部族は日本に渡来した!説)は本当に面白くて、青森のキリストの墓も行きましたし、四国の剣山も行ってますし、東祖谷村の「栗枝渡神社」も訪ねています。
私が日ユ同祖論に関心を持ったきっかけは自分が山車に乗っていました頃、山車のことをいろいろ調べていたところ、7月17日とはノアの箱舟がアララト山にたどり着いたと言われている日であり、日本とイスラエルでこの日に山車を曳くお祭りがあるのだということを知ったんです。
以来日本とイスラエルだけの不思議な一致点(詳しくは書きませんが)がたくさんあるということを知り、機会があるたびに実物を見て回っております。

聖徳太子(厩戸王子)はその出生から偉業、謎につつまれた死まで実に興味深い人物で、出生についてはキリストとそっくり、生涯は蘇我入鹿とカブりまくり、などなど諸説あり増すがやはりきっかけは「隠された十字架」で「法隆寺は聖徳太子の怨霊を鎮めるための寺である」というのを読んで頭の中に衝撃的な稲妻が走ったあたりからこれもやはり機会があるたびに現地調査(笑)を重ねております。

その他に「太古の昔、宇宙人が地球に来ていた!」的なものも大好きでございます。
どこからも何の需要も無いこの手の怪しいミステリーライツは自主規制により最小限にしていますけれど、今年は書いちゃおうかな!!!(笑)
[PR]

by fraterkouhou | 2013-04-11 01:09 | アイテム

ふふ、ゲットぉ!

岩手で1週間、過去の人生で例を見ないほどフルフルに働いてきましたけどー
誰もご褒美をくれませんので自分で自分にご褒美です。

久慈琥珀とシチズンが日本の技術の総力を結集した、
文字盤が琥珀(世界初)、リストバンドが総琥珀という琥珀の時計でございます。
a0275715_19434672.jpg


はい、綺麗過ぎてヤバいですね!
実はこれ前回お正月に琥珀のペンダントを東北物産展でゲットしたとき、
既に目をつけていたのですけれどー勇気が無くて買えませんでした!

しかーし今回は働きすぎてテンションもおかしかったし(苦笑)
寝てないし疲れてるし何もお土産も買えず、行く前・行ってる間と死にそうな忙しさでしたので
何かこういうことでもしないと精神的にも肉体的にも持たなかったということです。
さらにその過酷な労働の真っ最中に、自分の腕時計が壊れてしまったという衝撃的な事件があり・・・
(言い訳)

時計と共に私の中で何かが壊れたのですね(笑)
もう破れかぶれ!ええい買ってしまえ!なんとかなるわ!
みたいな感じですか・・・本当にありがとうございます。

綺麗ですねー 日本各地でも琥珀は出ますが商品化できる量と質があるのは岩手県の久慈の琥珀だけ。
a0275715_19454054.jpg


前からこういうの欲しかったんですが、中国やロシアが作ってる琥珀(を装飾に使った)腕時計はどうも私の趣味に合うものが無く、一言で言えば安っぽくて品が無い(苦笑)
さらに何が悲しくて中国製やロシア製のマシンが入った時計を買わなくちゃいけないのか!
と思うわけなんですね、時計が好きな私としては。最低でもスイス、日本製ならベスト!

久慈琥珀+シチズン=合格!!!

琥珀の加工技術は世界一と言われる日本。久慈琥珀が業界生命をかけて取り組んだ結果、不可能と言われる加工が実現し、世界一厳しいと言われる日本の時計メーカーの基準をクリアし、ついに商品化されたんですねー!
a0275715_19461283.jpg


せっかくなので書いておきますが
琥珀は木の樹液が固まったもので、宝石扱いされるけれど実際には化石のようなもの。
産地としてはロシア、ポーランド、ドイツ、デンマーク、そしてリトアニアなどが有名です。
しかし日本の岩手県久慈地方産の琥珀は、中生代白亜紀後期(約8500~9000万年前)のもので、それは世界の全ての産地を大きく引き離す圧倒的な古さです。

琥珀という文字には虎が入っていますが、中国では虎が死ぬと琥珀になると言われています。
またロシア連邦内のサンクトペテルブルクにあるエカテリーナ宮殿内の一室に「琥珀の間」と言う場所があり、その名のとおり部屋全体の装飾が琥珀で出来ているそうだ!(世界で唯一)
a0275715_20305762.jpg


私は黄色が好きなので、琥珀は本当に大好き。
何よりも琥珀は触って冷たくない。(樹液ですから)
この時計そんなに高くないですよ。ロレックスとかしている人から見たら
「なんだそんなに安いの?」って金額。

海外では恋人に琥珀を送る風習もあります。
けっこうお手軽な宝石的なもの、だと思います。

今回の岩手行きは、いろんな思いもありましたし、永遠のお別れをしたその人を忘れないために
自分の中で形にしておきたかったということもある。
その形としてこれほどぴったりのものはない、と思って買いました。

人の人生はひとつとして同じものは無い。
琥珀もまた一つとして同じものは無い。
そう思うと感慨深い気持ちになる。

実家のオカンがこれを狙って狙って仕方が無い!
母の日に買って!母の日に頂戴!母の日にぃ~
と叫んでますけど無理だしイヤなのでスルー。

お母さんに買ってあげると妹が同じものを欲しがり
妹にNoと言えない体質の私としてはまた1個買わされる。
そして母と私と妹がお揃いになると義妹(弟の嫁さん)に申し訳ないので
無理をしてでも買わなくてはいけなくなる。
もぉ長女はほんとにつらいですってば!!!
そういう時って弟とかお父さんは死んだふりでスルーしてるんだよね!
卑怯者!!!





---☆--☆---------------------

▼名古屋フラーテルホッケーチーム公式サイトはこちら
http://www.frater.or.jp/

▼コメントは下段より投稿可能です。
なお、こちらには投稿された方のメールアドレスや個人情報は届きませんので、
返信を希望される場合はメールアドレスを記載して下さい。
(個人的なメッセージは【非公開コメント】にチェックを入れてから送信して下さい。)

---☆-------------------☆----
[PR]

by fraterkouhou | 2013-04-02 20:16 | アイテム

金子眼鏡でBlueProtectグラス。

昨年来、目の調子が悪くて霧がかかったようになったり、疲れたり体調が良くないときは光に敏感になって目を開けていられなかったりしていました。

なるべくサングラスを掛けて目を守るようにするぐらいしか対策をしていなかった自分も悪いんですけど…。

特にの2月以降、急激に症状が悪化し、最近では昼間であっても光源を見ることができなくなりつつありました。

実は今年に入ってから広報日記を最近あまり更新できなかったのも忙しさだけでなくそんな理由もあったんですね。

また、優先順位の高いことに目を使うようにするため、週10本をノルマにしていたテレビドラマの視聴もやめていました。
時代劇専門チャンネルもじっと見るのをやめてつけっぱなしで音だけ聞くとか(笑)なんともったいない!

生活に支障が出るようなことはなかったのだけど放置しておくのが怖くなったのと…年齢的には「老眼」という可能性もあるだろうと思い、念のため眼科に相談したところ

液晶疲れ
(ブルーライトショック)

と言われました。
まあ、やっぱりというか当然というか。

よく考えてみたら今年の2月からは確かに1日15時間以上、強い光源を持つ大画面の液晶に向かい合っていたんです。

そうならない方がおかしいぐらいだ(苦笑)

けれどパソコンや携帯の使用を辞めることは世捨て人になれと言われるのと同じですよねえ、今の時代。

ということで、岩手に行く前に買いました、ブループロテクトグラス。

液晶画面が放つブルーの光をプロテクトするレンズが入った眼鏡です。いわゆる通称パソコン眼鏡ってやつです。

以前も「欲しい、気になる」と書いた記憶があるんですが、このジャンルで有名なブランドとしてはzoffなどがありますね。

でも私はお気に入りの金子眼鏡で買いました。鯖江の眼鏡屋ですが…関東を中心にShopも増えております。いろんなブランドがあり名古屋にもCOMPLEX始め2~3軒金子眼鏡ブランドが登場しておりますけれど、私が気に入っているのはstyle eyesというブランドで実に素敵なグラスを売っているんですね!(名古屋ではオアシス21にあります。)

私は視力が良いこともあり視力矯正用の眼鏡はいまのところ不要なのだけど目そのものはちょっと弱いためサングラスは日常生活の必須アイテム。

しかし気に入ったサングラスってなかなか見つけられませんよね。けれど金子眼鏡で見た瞬間に気に入ったサングラスがあり即買いした経緯もありまして、今回も自動的に金子眼鏡に直行してしまった次第です。(笑)

やはり金子眼鏡、期待を裏切らなかったな、デザインも気に入った。望んでいた通りのイメージだ。

a0275715_014173.jpg


a0275715_015210.jpg


これがね…

とても調子がよい!
実に調子がよい!

普段掛けしても構わないらしいので日中も毎日愛用しています。
実に調子がよい!手放せない(笑)

しかし金子眼鏡、一番安いのでも8000円たぁ高すぎないかい?
だってzoffは3800円で買えるらしいよ?


友人にそう話したら…


あんたはいまだに老眼にもならず裸眼で両目とも視力が1.0以上あり、
腰痛も肩こりもないばかりか花粉症もないし、髪も染めてないからヘアカラー代も掛からない、
世の中の同世代に比べたらコストバフォーマンスの良い人生なのだからそのぐらいの出費は当たり前だ!

…と言われてしまいましたよ(笑)


そう言われりゃそうですね、そうかも知れません…。

でもさあ、みんなが一番どろんこで遊んでいた頃に私は一人だけ部屋の窓からそれをじーっと見てつまんない思いをしていましたからね、
なるほど人生はちゃんとバランスが取れているのかも知れないと思ったよ。

本当に必要で身に付けて使うものや日常的に持ち歩く小物はあえて徹底的にお気に入りのものを選ぶようにしております。

その方が大事にするし長く愛用できるから…それからもう1つ!忘れ物と落とし物の常習犯であるだらしない性格の私としましては、そうすることで忘れ物と落とし物が減るという利点もあったりします(笑)

なので、なんだかんだと言いながらも、JINSやZoffで買う気は最初から無かった(苦笑)
フレームの外側にブランド名やロゴが入っているのはイヤだ
眼鏡に限らず何であろうとブランドをガツンと主張する感じのデザインは希望しない・・・
でも金子眼鏡の中ではこのStyleEyesは低価格帯らしい。
眼鏡不要の私には全く未知の世界なんだけど、「泰八郎謹製」「小竹長近衛作」などの
手づくり職人系眼鏡が海外でも売れまくってる、眼鏡好きなら誰でも知っている会社らしい、金子眼鏡。
ひとつ勉強になったわぁ。

さて
サングラスではなく仕事中や日常に眼鏡をかけることにより、リアルに分かったことがある。

今さらですけど…

眼鏡は汚れる。(常にレンズを拭く必要あり)
眼鏡は忘れる。(置き忘れ、持ち忘れ)
眼鏡は壊れやすい。(デリケート)
眼鏡は荷物が増える。(ケースが必要)

めんどくさい!
無くて済むなら無い方がいいに決まってるわな、眼鏡なんか!

眼鏡かけてる人の気持ちが初めて分かったよ~。
こういうのを体験学習っていうんだなあ、ほんと百聞は一見に如かずの典型とはまさにこれ。


眼鏡がなくても私は本が読めるし小さな文字も見える、もちろん運転も普通にできます。
それがどれだけ素晴らしいことかを初めて知りました。

眼鏡もコンタクトも無しで裸眼でここまで普通に生きてきました、それが当たり前だと思っていました…。

眼鏡は高いしこれに度入りレンズを入れるとさらにたくさんお金がかかるらしい。コンタクトはすぐ無くなると言うし予備がないと落とした瞬間から日常生活に支障が出ると聞きます。

目が悪い人の苦労をまるで知らずにいたんだなあ、私ってば。

まあ、年齢的にもそう遠くない将来老眼にもなるでしょうから、眼鏡慣れしておくのも悪くないでしょう…そう考えてブルーライトショックを受け入れた私でございます。

光源を見ることができる、ということは美しい夕陽の風景を見ることができる、ということなんだね。
a0275715_1105716.jpg


ブルーライトショックはこうして私に新しい世界を見せてくれたのですが、もう1つ良かったことがある。

液晶を見る時間が減った分、でも習慣的に?かどうか分からないけれど何か読んだりしたいという欲求は抑えられず
再び本をたくさん買って読むようになりました。
ネットが普及する以前は本を買う&本を読むは当たり前の習慣だった。電車や飛行機での移動時間は必ず読書していたのだけど最近では携帯やスマフォがそれに変わっていましたから…。

今日はフラーテルカップを休んでこれらを読んでいました。
a0275715_126498.jpg


ちなみに見ての通り読書に関しては昔から恐ろしく雑食です、ジャンルは一切問わない。字が書いてあれば何でも良い、説明書でも瓶の裏の成分表示でも。
徹底的にインドアで育った功罪ですかねー(笑)人生は面白い。
あ、この本はその辺のコンビニで買いました。3冊あわせて2100円かな。


結論
ケイタイやPC、テレビの液晶画面は自分で発光する「光源」である。バックライトとはいえそれは光を直接見ていることには変わりない。
けれど本を読むとき、本は光らない。光(電気スタンドなど)を当てて読むとき、私は直接照明ではなく間接照明で見ていることになる。目に優しい!
今日のこの記事、どこを切り取っても当たり前のことを書いてる!自分が恥ずかしい!


関連記事
夏のつぶやき(長文)ブルーライトカット。
[PR]

by fraterkouhou | 2013-03-31 23:57 | アイテム