今日はもう多くを語らん!

今日はもうただただ山下が素晴らしかった
そして粥川―高瀬の実に堂々とした防衛線
前線に臨機応変に飛び出す小野の機敏さ
共通しているのはやはり冷静さだろうと思う

国体に出てくるようなところは殆ど顔ぶれも決まっていて、その母体となるチーム同士はよぼどの番狂わせがない限り年間に最低でも1度は対戦してるようなところばかり。
互いに県名の入ったユニフォームを着てはいるものの、その実は相見て互いに知った仲であるから、腹の探り合いのようなことになる。
国体、という看板に負けず普通に自分たちのホッケーをすることができるチームがじわじわと勝ち上がってくる気がします。

粥川―高瀬、これに小野 経験値の勝利というかやはりベテランの存在はこういう大一番の試合で燦然と輝く。
山下はひたむきなまでに自分の仕事に徹し、一心不乱にプレー
まあ今日は本当にいいものを見せてもらった、という感想です。
ここは観戦するには本当に大変な場所で山の頂上まで30分かけてくるしかない。
けれど今日、こんな場所まで見に来てくれた皆さんには、非常によい試合を見ていただくことができたと思います。

私「山下様 いままですみませんでした」(土下座)
山下バイス「うむ!」
長澤「今日のMVPやな!」
小野「こいつは実はやればできる子なんだよね!」
私「明日もよろしくお願いいたします」
山下バイス「ええ、任せなさい」


この後MVPの山下バイスはトコトコと歩いていき、食堂脇の小さな小さな水道から大きなペットボトル数本へ、みんなの分の水を汲んでいました。ずーっとやってるんだけど全然終わらないんですけど!!(今日の山下君の写真は無し!笑)


皆さんお疲れ様でした。
明日は決勝、2つ目のタイトルを持って帰ろう!
(フェリーで。)※私は新幹線で帰るけどね!!




[PR]

by fraterkouhou | 2014-10-20 12:56 | つぶやき

<< 長崎国体、女子は広島が優勝 香川県、決勝へ!福井県を1-0で撃破 >>