写真作業中【試合終了】愛知県 6ー2鹿児島県

雲ひとつない秋晴れに恵まれました長崎国体、青年の天地グランドに来ています。
a0275715_7424997.jpg

見慣れた赤いユニフォームに今日は愛知の二文字を刻んで、社会人選手権に続き国内公式戦二つ目のタイトル、国体優勝を持ち帰りたいフラーテル。
a0275715_755121.jpg

a0275715_7435060.jpg

a0275715_7453071.jpg

a0275715_7454090.jpg

a0275715_744432.jpg

a0275715_7455983.jpg

a0275715_7451564.jpg


対するグレーのユニフォームは鹿児島県代表。ふるさと選手として全国から鹿児島県出身選手も集まっています。
a0275715_746726.jpg

昨年2013年の東京国体の準決勝で9連覇を目指すフラーテルを破った鹿児島県。タイトルクラッシュされた悔しさがよみがえります。あれ以来橘キャプテンのもと、不敗神話を積み重ねてきたフラーテル。
a0275715_7471335.jpg

その歩みは決して平坦ではありませんでした。
今年はなんの因縁か初戦での対戦です。フラーテルこの試合は負けられません。確実に勝ちきって弾みをつけたい。相手に不足なし!



国体では登録14名で戦う関係上、背番号のシャッフルが多少発生しています。
1高瀬克也
2川上良平
3塩川直人
4小野知則
5長澤克好
6河内伸仁
7畠山学
8中山康大
9橘敏郎
10山部晃嗣
11佐々木拓郎
12吉原平太
13山下 学
14粥川幸司(監督兼任)
a0275715_7503495.jpg

a0275715_7504666.jpg

a0275715_752379.jpg

a0275715_7515646.jpg

グランド練習を終えて、間もなく試合開始です。
a0275715_7524756.jpg

a0275715_7531366.jpg

a0275715_7531027.jpg


試合が始まりました
吉原 橘 中山
川上良平 塩川小野
山下 粥川 長澤
GKは高瀬
ポジションもやや変則的です
塩川が戻ってきて元気な姿を見せてくれています!
重鎮の川上啓を欠いた状態で戦う国体を見るのはこれが初めてです。

毛足の長いサンドコート、フラーテルよく攻めていますが鹿児島県もアグレッシブ 互いに負けん気の強さがにじみ出ている。フラーテルは注意しなければいけません!

鹿児島県が攻める!止められない
入った0ー1鹿児島県先制点!
グレーのユニフォームが踊る。

なおも攻める鹿児島県、フラーテルは自陣での展開が長い。鹿児島県のPCです。
クリア、しかし良くない流れが続いています。

小野が飛び付いてころげながらボールをつかもうとする。フラーテルの全力プレーが続いています。

昨日このグランドで女王ソニー(岐阜県)が破れ大会を去ったことは記憶に新しい。
さあフラーテル攻める!
フラーテルのPCだ、入りません、ボールはサークル内を泳いだだけ
再びフラーテルのPC 円陣内では粥川が熱心になにかを語りかけている。
フラーテル打った、リバウンド、狙っていたのは
川上良平だ、良平狙い通りに決めて1ー1
フラーテルはビハインドを跳ね返した。
これは大切な1点が入った。

フラーテルの攻撃が激しくなってきた。しかし攻めきれない。鹿児島県は本当にアグレッシブだ、また攻めてきた止められないフラーテル、だめだ

フラーテルに反則、鹿児島県のPSになりました。鹿児島県が決めて1ー2
再びビハインドを背負った。

良平と山部!流れを変えたい!
良平が打った、惜しい!鹿児島県はがっちり守ってゴールを明け渡さない。
決めきれない苦しい状態が続く。
スタンドは鹿児島県のプレーに大喝采。
前半終了、試合の行方は後半に持ち越されました。

鹿児島県の方が元気と勢いがある。
しかしフラーテルは雰囲気や得点に流されず安定したプレーをしてほしい。どんな状況でも落ち着いて自分たちのホッケーができるときフラーテルは一番強いのだから。

後半の開始です。フラーテルは1点のリードを追いかけていきます。
グランドの照り返しがすごい、眩しくてプレーが見えないほどです。フラーテルよく攻めている、ボールを多角的に支配しているが、流れがどうも繋がらない。

サークル内には良平、中山、吉原
中山も狙っている しかしボールはこない

フラーテルのPC 、中山!送れない!
再びフラーテルのPC 中山!これも送れない!
みたびのPC
よくわかんないけどスタンドからフラーテルへのヤジがすごいな。このタイミングでヤジるとか意味がわからん。

フラーテルはチャンスをモノにできず
今のシーンは残念過ぎる
二度同じパターンでだめ
三度目はコースは違ったがほぼ同じパターンでだめ

本当に耳を覆いたくなるようなひどいヤジです。
毎度アウェイの我々ですが、いやあ、こんなのは久しぶりだなあ!(苦笑)

橘が強いヒットをゴール前に運ぶがチャンスメイクはできなかった、だが確実にボール支配率は高くなっている。
フラーテルがんばれ、ベテラン勢のふんばりと安定感が鍵となろう。

小野、塩川、河内
小野のポジショニングがよい!
チャンス作れるか
塩川小野、塩川小野
小野だ小野が打って塩川が追う
決まった小野だ
小野塩川河内 よくやった!小野!
2ー2だ このFGは値千金です。
これで流れが変わるはずた
もう、うちの試合になった!

攻めろフラーテル!ゴール前の混戦
GKに非常に近いところで試合は展開している!敏郎!橘!決めた3ー2
フラーテル、バシバシ行け!

鹿児島県GKは飛び出している、山下が右から上がってきた、自分で打つか山下
打った!山下学、決まった4ー2
全スタンド一丸となって鹿児島県を応援している雰囲気。
相変わらずヤジもものすごいのだけど、まあ笑って受け流す余裕がある長澤、河内。
6番河内10番山部は名指しでヤジられている始末。

負けてる間はやったれ潰せ
勝ち始めたら贔屓だ!退場だ!
10番死ね!って死ねはないだろ!

ふふ!

そういうものを全て乗り越えて

さあ攻めろフラーテル
逆風を勝利で越えていけばよい!
得点で黙らせろ!
圧倒的かつ絶対的な強さでねじ伏せてほしい!

吉原が決めた!左から入ってきてセンターからシュート、これで5ー2
もっと!もっと!
山下、吉原、河内
小野だ
小野が小野らしいトリッキングなシュート
決まった6ー2

スタンドは静かになり、やっとゆっくり試合を見られるようになりました。

日差しは暑い
照り返しも強い
走り抜け!最後まで
24人の中から、選び抜かれた14名
勝つためにやってきました。


しかし今日の試合は反省点が多いな…
失点後の浮き足立つ感じ
得点後の浮き足立つ感じ
僅差の時はなおさら際立つ、それが前半であっても。
けれど逆に勢いに乗れば後半のように相手が戦意を喪失するような攻撃に繋がる。

勝った、試合終了。
後半戦はまあうちらしいというか。
こんなこと書いたら怒られるけど
啓がいないのが本当に残念です。
これは試練だと思いました。

[PR]

by fraterkouhou | 2014-10-18 08:46 | ホッケー

<< (写真20枚)試合後風景 (写真14枚)試合前アップ風景 >>