かわちどん(2回目)

初回でいきなり高得点をたたき出して、彗星のごとく私の「日常利用焼き肉店リスト」の上位に躍り出た「かわちどん」
すっごく昔から存在を知っていたお店なのに、どうして行かなかったのかな?
多分、名前がそそらな(以下略)

a0275715_125513.jpg

トイレの中のめんどくさそうな張り紙 私はこの手のものがキライなのだが…
とりあえず読んでみる。

a0275715_131166.jpg
むう、やっぱりめんどくさそうなことが書いてある。
ウチのお店はいかにお客様のことを考えているか、というアピール文章です。
a0275715_131357.jpg
でもちょっと待て。よく読むと…
a0275715_132043.jpg
物理的な努力がある!
a0275715_141045.jpg

飲食店が飲食以外の物理的なサービスをするのって、非常に大変であり、難しいことなのだ。
実際に多くの飲食店を訪れても、「気持ちはあっても実施できない」お店の方がいかに多いことだろう。

a0275715_135392.jpg
このお店は一貫してこうした「がんばってる感」があり、アピールも忘れない。
それだけではなく、それらのサービスが進化+変化していることが特徴。

実力(安くて美味しい)があるので、お客さんが来る。
お客さんが来るので他のことを考える余裕がある。
余裕があるので実行できる。実行できるのでサービスが目に見えて向上する。
…といったプラスのサイクルの中に身を置いている感じが伝わってくる。

さてお料理。韓国っぽい食べ物がまるでダメな私が唯一食べられる韓国っぽい食べ物
それがナムルでございます。ここのナムルはもやしが少々酸っぱいけれど、ワラビはおいしい。
なにしろワラビが大好きなのだ。
子供の頃田舎に預けられていた私は、野草系ALL-OKなの。
ワラビ、ぜんまい、そしてツクシも大好物、もちろん春菊なども。全部自分で取って食べてました。
野イチゴ、山グミ、もうなんでも(笑)野生児だな、うん。サバイバー。

a0275715_135379.jpg
この店に行く最大の理由の一つである牛タン。安くて美味しい。
この値段(1人前750円ぐらい)でがっつりボリュームもあり、決してがっかりはさせないのだ。

a0275715_144595.jpg

焼き肉店で必ず食べる肉以外のもの No.1 ソーセージ
量的にも大満足
a0275715_142813.jpg

これを破裂するぐらいまでよく焼いて、焼き肉のたれで食べるのが好き。
何個でもイケると思う!

a0275715_144345.jpg
今夜も食べつくしたなー
a0275715_15763.jpg
真っ暗な駐車場まで、「ありがとうございました」のプラカードを持ってお見送りに来る男性店員
ここの店員さんはみな笑顔でにこやかでハッピーなので、味もまあそりゃ大事なのだけど、そのお店にまた行く気になるかどうかという点においては、最終的には店員含むお店の雰囲気なのではないかという気がする。

シビアなことを言えば、この程度のお店は決してここだけではないと思うし、それはどのような高級店であろうと決してONLY-ONEではないのだ。ほぼ拮抗する実力の場合、何をもって選ぶかというと、そうした「雰囲気」部分にならないか?
ただ単にお金を払って満腹になりたいだけではなく人は外食にエンターテイメントを求めるよね。
一つの例だけど、アイスクリームに花火がついて来たり、家で食べるとどうってことないようなおかずが美しく盛り付けされていたり、味以外の部分でも外食の魅力はたくさんあるのだ。

また近日中に行くと思います。
このお店はお勧めできる。価格と味と雰囲気と環境(駐車場など)とサービスのすべての面でバランスが取れていて、合格点であります。


[PR]

by fraterkouhou | 2014-09-01 01:01 | 食べ物

<< モンブランの4色ボールペン(1... 長崎国体出場決定!国体予選試合結果 >>