試合終了 フラーテル2ー1箕島クラブ

この年の社会人ホッケー日本一を決める大会の決勝は、青のユニフォーム名古屋フラーテル対鮮やかなオレンジのユニフォーム箕島クラブの対戦です。

地元の大声援が響き渡る
運営補助員も売店の皆さんも全ての人々が和歌山箕島クラブを応援している
いつも通りの隙間なきアウェイの中で…

地元の応援を嘆きの絶叫に変える戦い!
名古屋フラーテル、11連覇へいま発進!

試合開始
序盤から攻め合う、箕島もフラーテルも一歩も譲らない
クォーターの給水タイム
現在まで0ー0
今日のグランドは写真とレポの両立が難しいためクォーターごとに書きます。

フラーテルのPC
何度かのPCは箕島GKの好守に阻まれる
PC崩れから一瞬の隙に長いパスを通してしまったフラーテル、ゴール前に待ち構えていた箕島の田中健太がそのままタッチしてイン
フラーテル想像もしていなかったパターンでの失点に茫然としています。
フラーテル0ー1箕島 ビハインドのまま前半終了

観客席、関係者席は大歓声です。
青いポロシャツの和歌山県関係者、大会の運営関係者が一丸となり、応援を始めました。

さあ後半の開始です。
激しい攻め合いが続く、箕島が優位に見えます、勢いがある。フラーテルはなかなか繋がらない…。しかし粘り強く諦めないこともまたフラーテルのよさ

フラーテルのPC
長澤のドラッグが滑り込んだ!
フラーテル同点1ー1

ペースが上がってきた
河内か藤本か 河内だ
入った2ー1

箕島はGKなし全員FW体制に。
フラーテルがんばれ

試合終了!
フラーテル11連覇!
[PR]

by fraterkouhou | 2014-07-23 11:08 | ホッケー

<< 香芝にて(おみやげ) 出発しました >>