「ほっ」と。キャンペーン

和歌山社会人(1回戦)7/19全試合展望

アジア大会の開催などの関係で、例年より2ヶ月以上早く始まったこの社会人選手権は二つの点で大きな意味がある。

第一に、この大会は国体のリハーサル大会であること。各地区から勝ち抜いてこの大会にコマを進めた地区代表の社会人チームは往々にしてその地区の国体チームを牽引する存在である確率が高い。社会人選手権は各地区の状況を知る良い気合いであると同時に、自らの仕上がり具合や力量を推し量るためにも重要な大会として位置付けられるだろう。来年の国体の競技環境の下見、という要素も大いにある。

第二に、この社会人選手権は学生選手権同様、全日本選手権の出場チームを決める大会となっている。社会人のベスト4と学生のベスト4の8チームだけがその年のホッケー日本一を争う全日本選手権に出場することができるのだ。全日本選手権の出場は、一つの大きな目標であり夢であるというチームが多い。出場のためにはこの大会で生き残るしか道はないのである。

という前置きはさておき!

毎年恒例となりました、全試合一覧+ひとことコメント
【観戦計画】
7/19(土)は紀美野Gと日高Gではどちらが好カードが多いか?と聞かれたら、確実に日高Gだと思います。
ハシゴするならば…第3試合までは日高Gで、移動して紀美野Gの第4試合の後半に間に合うように目指す感じでしょうか?

----------------
1回戦(紀美野G)
----------------
7/19(土)

▼09:00~10:15
樋脇C vs 山形C
(ひとこと)2014社会人選手権は質実剛健の東北武者(山形)vs情熱的かつ攻撃的な九州男児(樋脇)の好カードで幕を開ける。両チームとも昨年は出場を逃しているだけに勝利に対して貪欲だろう。ちなみに勝てば次の2回戦でフラーテルとの対戦となる。(ゆえにフラーテルは明日この試合を観戦する予定) なお、余談ですがユニフォームの派手さでは山形が今大会優勝を決めていると思う。(派手な紫のストライプのユニフォーム)

▼10:30~11:45
栃木ホッケークラブ vs 小矢部RED OX
(ひとこと)昨年1回戦でALDER飯能と潰し合う激闘を見せた小矢部。結局0-0のあとシュートアウトで敗れ1回戦敗退で去った。迎え撃つ栃木も昨年は1回戦シードながら2回戦で長崎に敗れてイチから出直しの2014年。、両チームともこの初戦を山場と見ていることは間違いない。負ければまた来年も地獄道!フラーテルOBの坪内一宏選手の雄姿を見られる試合。(小矢部所属)

▼12:00~13:15
八頭ホッケークラブ vs 長崎フロイントホッケーチーム
(ひとこと)何という巡りあわせなのか昨年と同じ顔合わせ!前回地元長崎大会でベスト8に躍り出て台風の目となった長崎、社会人西日本二部でも優勝を決め(2013)長崎国体を10月に控え狙いはずばりベスト4(全日本選手権出場)だろう。主砲の白和広樹のプレーにも注目したい。一方八頭は昨年メンバー若返りで勝機を狙ったが初戦敗退。勢いのある長崎の歩みを今年こそ八頭は止めることができるだろうか?

▼13:30~14:45
愛媛ホッケークラブ vs 福島ホッケークラブ
(ひとこと)福島は昨年1回戦敗退(vs滋賀クラブ)、ホームGの棚倉に日本リーグを迎える今季はここでぜひ勝って名乗りを上げておきたいだろう。対する愛媛は昨年7年ぶりに出場するもブラスティに大量点(2対7)で初戦玉砕している。3年後に迫る愛媛国体への足掛かりにもなろうかという1戦だろう。どちらもこの1回戦突破に賭けているため激戦が予想される。

▼15:00~16:15
フェニックス名古屋 vs 大原ホッケークラブ
(ひとこと)ブラスティ改めフェニックスにはフラーテル・表示灯OBも多数在籍。技術的にはフェニックスが格上だが最後まで走り抜けるか体力にかなり不安あり。一方千葉国体(2010)の勢いそのままに3年連続出場の大原は前回大会で天龍に痛恨の完封負けを期している。まずは1点を狙うだろう。
この試合の勝者は2回戦で第二シードの岩手クラブと対戦することになる。
※東谷GMと錦織チーフスカウトもフェニックスで参戦します。代表でお世話になってきた山中学MGもいますので応援するしかない。


-------------------
1回戦日高G
--------------------

▼09:00~10:15 ◎好カード
東京ガス vs 日本シャッター玖珠ホッケーチーム
日高Gの開幕戦は関東vs九州、共に名門同士の対決で火ぶたを切る。昨年、善戦するも岩手クラブに1回戦で白星を献上してグランドを去った東京ガスは1勝が欲しい。玖珠は昨年2回戦で簑島(準優勝)に大敗。互いに大会常連ながら上位に食い込めないジレンマを持つ顔合わせだが試合運びの上で玖珠が優勢か。なおこの試合に勝つと第三シードのRiversoul岐阜と2回戦で顔合わせすることになる。

▼10:30~11:45
福井クラブ vs Selrio 島根 ◎好カード
(ひとこと)共に日本リーグ加盟同士の好カード。福井クラブは昨年開幕第一試合の1回戦で日本リーグ同期の診療印刷を大量点で撃破しその存在を見せつけた。島根は2回戦で岩手クラブにシュートアウトで惜敗し今年こそはの思いも強い。勝っても負けても11/9(日)に日本リーグ(島根シリーズ)で雪辱戦が用意されているという見どころ満載の試合。さらにこの試合の勝者は強豪滋賀クラブと対戦するとあってこのブロックは目が離せない。

▼12:00~13:15
三菱化学・坂出ホッケーチーム vs 診療印刷 ◎好カード
(ひとこと)昨年は福井クラブに大敗して1回戦でグランドを去った診療印刷にまたも試練のカード。相対するのは社会人の雄・三菱化学・坂出。昨年2回戦で天龍を大会最大量得点の9-1で完膚なきまでに打ち崩し存在感をアピールしたことが思い出される。しかし今年の診療には勢いがある。先日の日本リーグ福井開幕シリーズにおいて埼玉同士の地元対決ALDERを僅差で沈めたことは記憶に新しい。診療の腕試しになるのか、社会人選手権の勢力のが塗り替わるのか注目の1戦。

▼13:00~14:45
甲友クラブ vs 宮城クラブ
地元和歌山の甲友クラブに対する宮城は昨年7年ぶり出場で初戦白星と大会を沸かせ2年連続出場。日本リーグの宮城開催も決まりホッケー王国東北の面目にかけても勝ち残って明日に駒を進め地元によい知らせを持ち帰りたいところだろう。なお2回戦の相手は三菱vs診療の勝者となるため、2回戦を勝ち抜くのはかなり厳しい戦いになることが予想される。

▼15:00~16:15
ウィンズ vs 天龍ホッケーチーム
日高G初日の最終戦は北海道と岐阜の対決。1回戦の壁に苦しむ北海道・ウインズが挑むのは2回戦の壁がなかなか突破できないひとつ格上の岐阜・天龍。勝者は第二シード(昨年準優勝)の簑島に立ち向かうことになる。社会人選手権ではブロック分けの運不運により幸不幸・明暗が分かれるのは定石だが、今大会はほどよいシャッフル具合で番狂わせの出にくいトーナメントになっているように感じられる。



[PR]

by fraterkouhou | 2014-07-19 02:11 | ホッケー

<< 同期同室モーニングビュッフェ 開会式終了! >>