多忙だった本年度も間もなく終わり。

2013年4月から始まり2014年3月までの今年度1年間は 

じ つ に

多忙な1年間でした。
ようやくその多忙さから解放されるまであと数日
寂しいような?気もしますが
こういうことを繰り返しながら、気持ちの整理や業務の引き継ぎを
きちんとしていくのも自分の仕事の一部なので

特別なことではなく

一つの場所でずっと働き、そこを住処とする人もいれば
毎日違う場所に行く人もいる
また会うたび住まいの違う人もいる
家があるのに1年中お留守な人もね(笑)

私も相当な流転の人生です。
そういうことを考えるとき必ず思い出すのは
ベタですけれど

松尾芭蕉の 奥の細道 の冒頭です。
ベタベタすぎて笑っちゃいます?
私はこれ全文暗記しているんですが
年を追うごとにこの文の意味合いがじわじわ伝わってきて
その奥深さに心を打たれる。

私が好きなのは冒頭の「旅立ち序文・漂泊の思ひ」と「平泉」です。
(せっかくなので別項目に書いておきます、現代文とともに)
あっ、通常は原文を書いて訳文なのでしょうけれど、どうせ読まないでしょうから(苦笑)
なんちゃって訳でね。



[PR]

by fraterkouhou | 2014-03-24 09:45 | つぶやき

<< なんちゃって勝手に「奥の細道 ... ニュージーランドへ >>