(覚え書き)MEDIAS W N-05E を真剣に考える。(カスタマイズやケースなど)

これは覚え書きです。
数少ない MEDIAS W N-05E ユーザーの方と少しでも情報交換ができれば。
興味のない人、本当にすみません。
昨日の水没騒ぎでたった数時間このスマフォが昏睡状態になっただけで非常に不便でした。
つまり知らず知らずにこのスマフォは私の中で重要な位置づけになっていたのです。
それほど便利なものなんですよ。
今日は改めてその愛機 MEDIAS W N-05E についてその特徴などを再確認しつつ、私の脳内にあるイロイロなことを思いつくままに書き並べながら、気になるサイトや気になる商品をメモっておこうと思います。
できりゃ今のうちに魚拓を取っておきたい今日この頃。


■MEDIAS W N-05E の重要なチェックポイント
MEDIAS W N-05E がいったいどういうスマフォか?という基本情報については省略。
この記事はあくまでも1万人に一人ぐらいしかいないであろう MEDIAS W N-05E ユーザーのためにだけ書いております。

・Wディスプレイが外向き
・防水機能無し

通常二つ折りのWディプレイと言えば、液晶部分が内側なのかなと思うけれど
この MEDIAS W N-05E は液晶が二面とも外側になるのです。
(両面液晶むきだし)
しかも防水機能がないため、落下衝撃に弱く(多分)水没にも激弱なのだということです。

a0275715_20155439.jpg





■そっくりさん  Xperia(TM) Tablet > ラインアップ > Pシリーズ

a0275715_20133697.jpg
http://www.sony.jp/tablet/products/P1/
めちゃめちゃそっくりですけどこれはスマフォでなくタブレット。
閉じるとメガネケースみたいな感じになるのか?
コンセプト的には似ているのだけど、内向きに閉じるという点において
まだ思考が古かった。
内向きに閉じるのは液晶を保護するという面が大きいのでしょうけれど
スマフォとして使う場合、イチイチ開くのはやはり面倒だし、もし閉じたままで
何かできるように(せめて最低でも電話をかける・出る、ぐらいは)
と考えると内向き液晶の限界が来る。

だって、普通のときは片面でいいわけだし!!
いちいち開いてられない!
開かずに使えるのがスマフォのいいところでしょうが!

ということで MEDIAS W N-05E が誕生したのでしょう。
外向き液晶にしたことで、液晶を保護する ということを完全に捨て去った潔さ(苦笑)
ついでにどうせ無理なので?なのかどうか知らないけれど防水も捨てた。
むろん、おサイフケータイなどというシャリーンな機能はない。
仮にあったとしても自動改札や自販機やコンビニのレジで液晶面をガツンとぶち当てるリスクが増えるだけであるし、もうヤメだヤメだ!ということなのかもしれない。


■サブ機としての頂点

ここまで書いてつくづく思うのが これはメイン機ではなくサブ機なのだなあと。
自分もやっぱりサブ機で使っています、しかし使用頻度はメイン機をしのぐ。
電話と携帯メール以外の全て・・・PCメールの受信や送信、カメラ&ビデオ、データのクラウドアップ、音楽やビデオの視聴、ネットバンキングも全部コッチ。
ユーティリティー的な要素はこのサブ機が全部引き受けている状態。

なので水没した昨夜は絶望していましたけど・・・・

必要に応じ、こういうこともできるという点が大事なのだ。
a0275715_20471774.jpg
そう、必要に応じ。

不要な時には細身の4.3インチ液晶のスマフォ。
しかも薄い!!!
a0275715_20513995.jpg
a0275715_20524318.jpg
開けば5.6インチタブレット!

a0275715_20545411.jpg
以上、NECカシオモバイルコミュニケーションの公式サイトより。
http://www.n-keitai.com/n-05e/index.html
ついついキャリア(ドコモ)のサイトばかり行ってしまいがちですが、実はこっちのほうが詳しく載っています。





■ MEDIAS W N-05E を分解してみる
正直、これほどに分解してみたい携帯は初めてです。
この薄さの中にどんだけなものがどのよーな配列で並んでいるのか
非常に興味があるし、これまで何度となくパソコンの分解&再構築&共食い再建を行って参りました分解大好きな私です。祖父は建設業、父は工具商という筋金入りのものづくり家系でして、庭先ではいつも誰かが何かを分解している状態でした。
そんな私が一人暮らしを始めた時に父がプレゼントしてくれたのは

・工具一式フル装備
・精密ドライバー50本セット
・ハンダごてセット(←爆笑)

コンデンサをハンダ付けするぐらいは朝飯前です!
余計な前置きが長くなりましたけど・・・・
スマフォは完全にぶっ壊れて液晶が割れてしまわない限り分解はしちゃいけない!
という先人の教えを守り、今回はこちらを参照サイトとしてご紹介します。

【ITmedia Mobile】
バラして見ずにはいられない:
悲運の名機「MEDIAS W」の突き抜けた個性を分解して知る
肯定にしろ否定にしろ、登場したときの衝撃を覚えている関係者は多い。「コンパクトで大画面でマルチディスプレイ」に挑戦した“W”をその内部から検証する。
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1308/12/news053.html

これを見ると、サブディスプレィ側のフレキシブル基盤に実に効率的にいろいろなものが搭載されていることが分かる。この基盤に水が入ると終了。




■MEDIAS W N-05E ケース
一般的には2タイプでしょう。
その1 Wディスプレイをある程度無視したケース
その2 何が何でもWディスプレイを生かしたケース
ここではまず その2 Wディスプレィを生かす にこだわって探してみます。


1.誰でも知っている普通の透明なケース。
a0275715_20132823.jpg
ネットで検索すると2種類ぐらい出てきます、アマソンでも楽天でも普通に買える。
ものすごく細いちょうつがいで繋がった、恐ろしく弱々しいケースです。
上記の写真を見ても分かるように、フレームが実に細い!細すぎる!
むろん持っていますけれど・・・
本来ちょうつがいで繋がっている部分がすぐに折れてしまいバラバラに。

1ミリもあるかないかの突起で、ちょうつがい部分だけで本体にくっついているため
見開きの状態からこのようにバラバラになりますと、本体にくっついていられない。
仕方がないので見えないように裏側からセロテープでとめているという状況です。
a0275715_21292546.jpg
a0275715_21292568.jpg





2.個性的な模様つきケース
a0275715_21102899.jpg
あ、ゴメン。即効ぽちった。ウン。買った。(笑)
こんな感じのデザインが60種類。2013年度発売だからこれだけ揃ってる。
MEDIAS W-05E のようなレア種のカスタマイズアイテムはすぐに市場から消えるので、デザインケースは早めの購入がいいかもしれない。
割りとクール系なものが揃っているのはコッチ。女性向けのお花フリフリもある。
http://item.rakuten.co.jp/voxstore/c/0000000565/

ブツが来たらまたレポります。

a0275715_21104328.jpg

ええと・・・・この MEDIAS W N-05E のユーザーって結構マニアックな人じゃないかと思う。
自分なんか到底足元にも及ばないけれど、少なくとも上のカエルちゃんとかはユーザー層とかけ離れてる気が・・・苦笑
カエルちゃん以外にも水玉とかけっこうハデメなものが揃っているのはコッチ。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/nk115/mediaswn05.html

とりあえず今日はココまで。
また書きます。




[PR]

by fraterkouhou | 2014-02-14 21:16 | IT携帯PC

<< (覚え書き)続・MEDIAS ... ぶつぶつ、洋物ドラマ・お気に入... >>