新主将・副将、初優勝

a0275715_10453264.jpg

主将副将に就任してまだ1ヶ月ぐらい
大変なプレッシャーの中で最も苦しい時期に最も大変な役目を背負い
見事にチームを率いた二人。

就任から胴上げまで最短じゃないかな??
私の胸の中では今回の優勝はなぜだか揺るぎないものでしたが
過去を振り返ると全日本選手権の直前にキャプテンや監督が交代したパターンは
殆ど成功の試しがない。(当たり前と言えば当たり前なのだが。)

しかし今回は違った。
なぜなら・・・心棒としての粥川幸司選手の存在があったからだ。
またそれを支えた同期の高瀬克也選手、そして川上啓選手、小野知則選手の存在も抜きでは語れない。

そして自分ではなく橘キャプテンを胴上げした粥川ヘッドコーチの思いに私は深く感動しました。カユの胴上げは再来週に持ち越しなんだね、分かってるよ!


さて・・・

こんな大切な写真で目をつぶってしまっている今日の山下君!!(山下学選手)
(感無量で泣いているようにも見えますが、そんな事実はありません。)
私(心の中で)マナブ・・・・なんか持ち方がおかしいよ。。。なぜそこを持つ・・・?

※二人のもっとイイ写真はコメントと共に選手ブログにアップしようと思っています。
ちゃんとコメントが到着したら。。。。な!!!




[PR]

by fraterkouhou | 2013-12-09 10:56 | ホッケー

<< さあ帰ろう、名古屋へ。 遅い人は置いていくよ!緑のフラーテル >>