東京国体(準決勝・順位決定戦)組み合わせ

2回戦 

2013年10月4日(木)

▼10:30~愛知県vs鹿児島県

【ひとこと】
愛知県は名古屋フラーテル、鹿児島県は社会人の古豪・樋脇クラブを中心とする選抜混合チーム。
この顔合わせは昨年2012年の岐阜清流国体の1回戦(愛知県2-1鹿児島県)、2011年は対戦がなく2010年は山口社会人選手権の準々決勝(フラーテル9-0樋脇クラブ)となっております。
なお鹿児島県・南日本新聞社の記事によれば・・・
「成年男子に出場する。樋脇クラブのメンバーに、川薩清修館高OBで県外の強豪大学で活躍する井川(天理大)や馬渡(立命大)らが加わったチームで臨む。GK井川とFB大田(東京農大)を中心とした堅い守備から、MF木下(立命大)ら中盤へつなぎ、スピードのあるFW松元良(平野商事)や川畑(朝日大)が得点を奪うのが必勝パターン。昨年は初戦で敗れているだけに、永山拓志選手兼監督(薩摩川内市立少年自然の家)は「伝統の樋脇ホッケーで優勝を狙いたい」と意気込む。」とのことです。


▼12:00~埼玉県vs京都府


以上が2回戦(準決勝)です。
引き続き順位決定戦が行われます。


(順位決定戦)

▼13:30~
香川県vs東京都



▼15:00~
岩手県vs島根県

【ひとこと】
大会屈指の好カード。
この顔合わせは先月長崎社会人選手権第2日(9/15)に対戦したばかり。(岩手クラブvsSelrio島根)
2回戦でぶつかった両チームは一歩も引かない全く互角の戦いぶりで激闘を繰り広げた。2-2の同点で後半を終了、SO3-0で岩手が島根を下してベスト4に進出、全日本選手権への出場権を手に入れた。
今回東京国体では両チームとも1回戦で破れ、順位決定戦での対戦。島根県にとってはリベンジマッチ、岩手は先の社会人選手権の勝ちをそのままに、白星を重ねたいところ。




---☆--☆---------------------

▼名古屋フラーテルホッケーチーム公式サイトはこちら
http://www.frater.or.jp/

▼コメントは下段より投稿可能です。
なお、こちらには投稿された方のメールアドレスや個人情報は届きませんので、
返信を希望される場合はメールアドレスを記載して下さい。
(個人的なメッセージは【非公開コメント】にチェックを入れてから送信して下さい。)

---☆-------------------☆----
[PR]

by fraterkouhou | 2013-10-04 00:27 | ホッケー

<< アクセスランキングのレポートが... (10/3更新)東京国体ホッケ... >>