(10/4更新)東京国体ホッケー成年男子 全試合結果・戦評

<準決勝>
2013年10月4日(金)

▼10:30~
●愛知県1-2鹿児島県
前半2-1
後半0-0

【戦評】
鹿児島県のセンターパスにより愛知県対鹿児島県の試合が開始された。序盤からスピード感溢れる試合が繰り広げられる中、最初に流れをつかんだのは鹿児島県。前半9分左サイドから攻めあがった鹿児島はサークル外から打ち込んだボールに#9松元が反応して先制点を挙げる。1点を返したい愛知も攻めあがるが鹿児島の好ディフェンスに阻まれ決めきることが出来ない。しかし19分愛知#3橘がGKをうまくかわし強烈なヒットでシュートを決める。そのまま愛知ペースで前半が終了するかと思われたが、もう一度鹿児島がチャンスをつかむと24分打ち込まれたボールに#7木佐貫があわせ、スコア1-2とし、前半を折り返す。
後半に入ると愛知の勢いが増し、コートを広く使い左右展開を有効に使って攻める時間が続く。愛知はPCも多く獲得するが決めきることができない。守りの時間が続く鹿児島、数少ないチャンスで攻めあがるが得点にはつながらない。最後まで愛知は攻め続けるがそのまま鹿児島は前半の2点を守りきり、1-2と鹿児島の勝利で試合が終了した。


▼12:00~
○京都府4-0埼玉県
前半0-0
後半4-0

【戦評】
肌寒い曇り空の下、埼玉県のセンターパスにより試合が開始された。開始から両チームともDFラインはアウトレット、中盤からはショートパスを繋いで攻め込むが相手の人数をかけた堅い守備に互いにシュートを許さない。拮抗した試合が続き、両チーム無得点のまま前半を終了した。
後半は前半の堅実なプレーに対し、積極的に勝負をしかけるシーンが増える。後半9分、埼玉県は#7竹下がドリブルで一気に攻め上がり。相手DFの反則からPCを獲得するがGK吉田の好セーブで得点には至らなかった。対する京都府はカウンターを狙い早いリシタートから#5藤原の打ち込みで相手DFに当たったボールに#6松田が反応して待望の先制点を挙げる。その後も京都府ペースの試合が続き、後半18分には#12大橋がサークル内のこぼれ球を押し込み0-2とする。咲いた目県は相手の反則を誘い、立て続けにPCを獲得するが惜しくも得点にはならず、対する京都府が後半26ぴうんに#4河野が左エンドから攻め込み、ラウsトパスがそのままシュートになって点差を広げる。少しでも追いつきたい埼玉県はフィールドプレーヤーを11人としパワープレーを試みるも、京都負はDFのスクープから#11森がリバースヒットでGKのいないゴールに決め、0-4とし試合が終了した。結果、京都府が勝利し、決勝に駒を進めた。



<5位決定戦>

▼13:30~
○香川県3-2東京都●
前半0-2
後半3-0

【戦評】
東京都のセンターパスにより試合の幕が開けられた。試合の流れとしてはどちらにつくでもなく、ともに切り込むような攻めを見せ、同時に華麗な守りを発揮する展開であった。東京とはスクープを駆使し、着々とゴールに近づいていくが、香川のGK#1古河のナイスセーブも繰り出され得点に繋がらない。そんな中、前半24分に東京都が獲得したPCで#13吉田が先制点を決める。香川県も懸命に守備を固め挽回を狙う。しかし前半終了間際の34分東京都#鷲田が見事なゴールを決め2点差で前半を終える。
続く後半も2点を追いかける香川県と更に点差を広げたい東京との激しい競り合いが行われた。前半の流れを後半に持ち越した東京は後半2分、15分とPCを獲得するが決めきれず。香川県も自らのペースに持ち込もうと必死に食らいつく。ここから流れが一変し、後半28分に香川県#9田原が、33分に#8野田、35分に#5森下が3点を立て続けに決め、怒涛の追い上げを店3-2で香川県が見事勝利した。

▼15:00~
○島根県1-0岩手県●
前半1-0
後半0-0

【戦評】
小雨が降る中、岩手県のセンターパスにより試合が開始された。両チームハーフプレスで守り、シュートまでなかなか行けずサイドでの接線が続いた。試合が動いたのは前半16分、島根県#6植田のサークル外からのヒットがキーパーの足に当たりオウンゴールで島根県が先制点を挙げた。さらに前半26分島根県がPCを獲得するが決まらず、両者決め切れないまま前半は島根県のリードで終了した。
後半開始2分、岩手県#4田村がリバ^スシュートを打つが、決まらず。しかし直後PCを獲得し、チャンスを得るがシュートには至らなかった。後半10分再び岩手県がPCをとるがDFの好守により点にはならかなった。
両チームシュートチャンスがあるものの点にはならず、島根県が守りきり、0-1で島根県が勝利した。



<1回戦>
2013年10月3日(木)

▼09:00~
○埼玉県4-1岩手県●
前半2-1
後半2-0

【戦評】
岩手県のセンターパスにより、試合が開始された。埼玉県は開始早々5分、PCのチャンスを獲得するがこれを決めきることができない。試合序盤は埼玉県優位な展開で試合が進む。すると前半16分、#8浅見のパスを受けた#11北里がリバースシュートを決め、埼玉県が先制する。さらにその1分後、またも#11北里がゴールを決め埼玉県が2-0とする。しかし前半18分岩手県もPCを獲得するとこれを確実に#7引木が決め2-1とし、すかさず1点差に詰め寄る。前半戦はこのまま終了し、2-1で埼玉県リードで折り返す。
後半は埼玉県ペースで試合が進む。埼玉県は後半47分、59分とPCを獲得するとこのチャンスを活かし、着実に点数を重ね4-1とする。岩手県もこの後、反撃に展示後半63分にPCを得るがこれを決めることができず、試合は4-1で埼玉県が勝利した。



▼10:30~
○京都府5-0島根県●
前半1-0
後半4-0

【戦評】

島根県のセンターパスにより試合が始まる。オープニングシュートは島根県。#6植田がヒットでシュートを放つ。枠をとらえるもののゴールに結びつかない。その後、島根県は細かいパスで攻撃を組み立てる。対する京都府は即効からの個人技でゴールを狙うが、両チームともなかなか決定機を作れない。そんな中、シュートチャンスと作ったのは京都府。#11森がドリブルで切り込み、この試合初めてのPCを獲得する。そのチャンスを#7穴田がヒットシュートで確実にゴールに沈め、京都府が先制する。反撃したい島根県は31分に打ち込みからPCを奪う。ヒットシュートを放つがディフェンスにブロックされそのまま京都府の素早いカウンター
。見事にPCを奪い返す。このPCを#12大橋がフリックで直接ゴールを狙うが決められない。このまま前半を京都府が1点リードで折り返す。
後半最初のチャンスを作ったのは京都府。PCを獲得するが得点に結びつかない。さらに53分、再び京都府がPCのチャンス。これを#4河野がタッチでコースを変え、貴重な追加点を挙げる。その後も京都府が優位に進め、60分には#6松田がGKとの一対一を制し3点目を挙げる。得点が欲しいh島根県はパスを回して攻め、気持ちを見せるが、ゴールまでは結びつかない。終了間際には2つのオウンゴールで追加点を挙げ、京都府が5-0で試合を制した。この結果、京都府が準決勝へと駒を進めた。



2013年10月2日(水)

▼13:30~
○愛知県4-0香川県●
前半1-0
後半3-0

【戦評】
愛知県のセンターパスにより前半戦が開始された。愛知県は冷静な判断から巧みなパス回しで攻撃を仕掛ける。一方の香川県はスピード溢れるプレーで攻撃に挑む。試合開始5分に愛知県が早々にゴール前でチャンスを作るも得点には結びつかない。しかし8分に#3橘が豪快にリバースヒットを決め千系、再び愛知県#12吉原が14分にチャンスを作るも#1古河の好セーブにより追加点にはならない。前半終了間際、愛知県がPCを獲得するも追加点にすることができず、そのまま1-0で前半戦が終了した。
後半戦に入り、愛知県が優位に試合展開するも、香川県もカウンターを狙い両者譲らない攻防が続く。40分に愛知県がPCを獲得するもゴールネットを揺らすことは出来ない。43分に香川県が初のPCを獲得するも、ものにすることができず、同点に持ち込むことが出来ない。
しかしこのPCから香川県が流れをつかみ始めるが54分に愛知県にPCを許してしまい#4小野が冷静に決めた。再び59分にPCを獲得し#5長澤が決めた。さらに67分に#3橘がPCで追加点を決め、そのまま4-0で愛知県が勝利した。


▼15;00~
○鹿児島選抜1-1東京選抜●
前半0-0
後半1-1
SO4-1

【戦評】
透き通る秋風の中、鹿児島県のセンターパスにより試合が開始される。序盤から両者ともにフィールドを広角に使ったスピーディーな試合運びとなった。東京都は精度の高いスクープを活用した攻めを展開し、鹿児島県はショートパスを使った巧みな連携で対抗する。そしてPCの一つもないまま均衡した攻防が続き0-0で試合を折り返す。
後半に入り、後半5分、ついに試合の均衡が破れる。左サイドからの打ち込みに東京都#10丹内がサークル内でレシーブすると、そのままゴール左コーナーにシュートを打ち込み先制に成功する。その後は、鹿児島県が打ち込みから得点チャンスを狙うも、東京都GK#1草薙の好守もあり得点を許さなかったが、後半28分に鹿児島県がPSを獲得し、これを鹿児島県#5大田がしっかりと決めて土壇場で同点に追いつく。そしてスコア1-1のまま試合の決着の行方はPSO戦にもつれ込んだ。PSO戦は4-1で鹿児島県が勝利した。



---☆--☆---------------------

▼名古屋フラーテルホッケーチーム公式サイトはこちら
http://www.frater.or.jp/

▼コメントは下段より投稿可能です。
なお、こちらには投稿された方のメールアドレスや個人情報は届きませんので、
返信を希望される場合はメールアドレスを記載して下さい。
(個人的なメッセージは【非公開コメント】にチェックを入れてから送信して下さい。)

---☆-------------------☆----
[PR]

by fraterkouhou | 2013-10-04 17:32 | ホッケー

<< 本日の、追記。 明日は三決、その後海外遠征へGO! >>