「ほっ」と。キャンペーン

【試合終了】愛知県14ー0北海道

先の東海ブロック予選で岐阜県を下した愛知県名古屋フラーテル、本日は庄内緑地公園ホッケーグランドにて、地区代表決定戦で北海道代表に挑みます。
この試合に勝ったチームが東京国体への出場権を手に入れます。

ギリギリに間に合いました、灼熱の庄内緑地公園、相変わらずサンドコートの照り返しは身を焼く暑さです。

赤のユニフォームひ愛知県名古屋フラーテル、光沢のある青のユニフォームは北海道、共に県を代表してこの一戦に臨んでいる。

2年目の若手GKの森嶋がゴールを守っている今日、ベテランGK高瀬はベンチで粥川のフォローに余念がありません。
時計を手に交代のタイムをコントロールしているのも高瀬です。
チーム史上初のプレイングマネージャーにしてフラーテルだけでなく日本代表のキャプテンを務める粥川に、大学時代からの同期選手である高瀬はなくてはならないパートナーに違いありません。

試合は愛知県のペース、非常にゆっくりゆっくり、進んでいます。
まずはNo.17橘が決めて1ー0、いままた1点入りました。No.5中山、眩しすぎて液晶が見えない!

今日は、先週静岡での東海ブロック予選には欠場していたNo.13山下が元気にフルバックにポジションinしています。
炎天下の庄内緑地、全員プレーのフラーテル。攻め上がる北海道をNo.5中山が元気に体を入れてブロック、本日の愛知県フラーテルの守備のメインステージはどうやらフルバックではなくミッドフィールドのようです、サークルには近寄ることを許していません!

愛知県、互いにパスを確かめあいながらのパス回し、川上啓が良く見ています鋭い視線、川上か?川上ですね、決まりました3ー0。アシストも良かった。

ここで愛知県のPC、もう時間はあまりありませんが…粥川かな?吸い込まれるようにストンと入って4ー0
前半終了、4ー0で愛知県がリードしています。

後半戦です。早々と得点が入りました。眩しくて本当に見えない、No.12吉原、アシストはNo.4小野、続いてNo.11川上啓かな、また入りました。No.14井島!そしてNo.6河内!写真が撮れてません、得点ペースが早すぎて。またしてもNo.12吉原、狙っていました吉原!さらに河内も続いて11ー0
スコアボードが追い付いていない、スコアボードは8ー0のまま。

更に2点が追加され13ー0になりました。試合は完全なワンサイドゲーム
No.12吉原平太、今日3点目。

スコアボードは14ー0、私の計算では15ー0ですが見誤ったかな?しかしこんなに点が入っているのにゴール写真が撮れていません、すみません。

試合終了!

やっぱ14ー0で正しいらしい。ごめんなさい。では私はお仕事に戻ります!
お疲れ様でした。
[PR]

by fraterkouhou | 2013-08-18 10:17 | ホッケー

<< 暑かった… とりあえず、無事に放送終了! >>