【試合終了】フラーテル0ー1立命館大

a0275715_2063810.jpg

うっすらと雲がかかっていますが晴天といってよいでしょう、暖かい日になりました山梨学院スタジアム、本日の第2試合は鮮やかなブルーのユニフォーム名古屋フラーテル対えんじ色のユニフォームの立命館大学の対戦です。。
a0275715_207627.jpg

橘、山部、吉原
中山、川上啓、小野
山下、畠山、大野、粥川
GKは高瀬です。

a0275715_209526.jpg

a0275715_2085922.jpg

a0275715_2084625.jpg

a0275715_20101867.jpg

a0275715_2082262.jpg

互いに厳しいマークをつけて序盤から激しい展開になっています。
a0275715_20121827.jpg

山部から橘、パスで前進を試みるが守備は固い。
橘のリードは今日も好調!
a0275715_2091395.jpg

立命館大は積極的ながら緻密な攻め
大きなパスと小さなパスとをうまく使い分けている。
a0275715_20131251.jpg

いつもどおり川上啓の声がグランド内に響いている。川上啓、高瀬、そして粥川、小野。
上から数えて4人の選手たちがいまこのチームを支えている、四輪駆動です。
a0275715_20134386.jpg

立命館大学のPCです。
a0275715_20155549.jpg

フラーテル止めた!
a0275715_20161881.jpg

GK高瀬の右手に当たってボールはゴールの外に。
a0275715_20162491.jpg


今度はフラーテル、畠山を残して全員上がって攻めますが立命館大学もまた全員守備で立ち向かう。
今年の互いの実力をチェックする意味もあるだろうこの一戦、勝てば白星以上のプラスがあると思われる。

サイドライン沿いにじわじわ前線をあげる立命館大を小野、畠山がしつこく追い回してシャット、
いったん両チームとも局地戦からグランドいっぱいにポジションを建て直しています。

右から川上啓、うまく出して立命館大のファールを引き出した。フラーテルこの試合はじめてのPCを得ました。

打ちました!しかし体制が崩れた…再びフラーテルのPC、高く上がってしまった。フラーテルは得点ならず。

しかし依然として敵ゴール前での展開が続いている。粘り強くサークル内に居座るフラーテル。

再びPC、橘!これはセーブされました
さあもう一度、これもだめだ、コースを外れた!

粥川が叫んでいます
さあここからもう一度集中!
えんじ色の立命館とブルーのフラーテルはぴったりペアでグランドを動いています。

前半25分まだ両チームとも得点なし、しかしフラーテルいい感じです。ほとんどの時間を敵陣で展開し、サークルインの時間も長い。
得点にはまだ繋がっていませんが、十分にプレッシャーを与えています。

そのサークルから攻める!チャンスだ右から!川上啓か?外れた!川上啓苦笑い、
フラーテルまたPCのチャンス、粥川が打つ…ああ打ち切れない、しかし倒れながらも打つ、届かず。立命館大学打たせません。

前半残りわずか立命館が来た!左から上がってきた川上良平が追う!立命館これは勝負に出るでしょう、良平頑張れ良平!川上良平渾身の防衛、倒れながらもこれをカット。

右からの攻撃もクリアしたところでホイッスル、前半終了。フラーテル対立命館大学は0ー0のままです。

前試合の結果は…
岐阜朝日が東京農大を5ー2で下しています。埼玉会場の小矢部vsセルリオ島根の結果はわかり次第お知らせします。

まもなく後半戦です。

グリーンの人工芝にGK高瀬の鮮やかなイエローが眩しい!本日のフラーテルはブルーのユニフォーム、GKは黄色。

橘、山部、吉原
中山、川上啓、小野、
畠山、山下、大野、粥川、
そしてGKは高瀬
後半戦です!

後半はゆっくりとしたペースで始まりました。ボールが大きくグランドを行き来します。互いに様子を見ながら…
立命館大が攻め上がった!
粥川の動きを高瀬がフォロー
高瀬の声が聞こえています
粥川少しクロスしながらもクリア。

いったん敵陣にボールを送るも再び立命館大が攻め上がる。またしても粥川。ここでファールになり立命館大学のPCです。

高瀬止めた!
リバウンドは右手前、いいプレーだ高瀬、このリバウンドコースでは打てません立命館大学。


ゲームは激しい展開になってきました。全くスピードを落とさないままの体当たり勝負。
山部、川上啓と倒れながらもまた起き上がってフラーテルは前へ前へと攻めの展開、立命館大に一人グリーンカードが出てチャンスシーンです。

しかし立命館大さすがに試合巧者です。体を張っての徹底的なマークを交わしきれずフラーテルのファールに。
ここで再び11人に戻った立命館大、フラーテルも大きく開いて仕切り直し。

川上良平が良いですね、昨日も華麗な横パスを見せてくれましたが今日は攻守の連携に重要な役目を果たしています。これというシーンで飛び出して絡んでいます。

立命館大が攻めています、中央で粥川、いったん止めつつもサークル内への侵入を許したフラーテル、ああ危ない!山下!間に合うか!だめだ打たれた!入った!前半開始から15分試合が動きました。フラーテル、立命館大学に先制点を許しました。

ここでフラーテルは粥川にイエローカードが出てしまった。しかし橘が果敢に攻め上がりコーナー際からサークルまであと一歩のところまで行きましたが立命館がブロック。

一人足りないフラーテル、攻めの姿勢を緩めません。フラーテルのPC、入らない。
川上啓が下がって粥川の抜けた守備陣をフォロー。立命館大が走り出した、抜けて独走、山下が追う、山下が追い付いた、クリア。

試合は間もなく25分
フラーテルは立命館大に1点のビハインド。立命館大は後半になっても勢いが衰えない、むしろ後半に強いチームです。

おお、粥川が戻った。さあフラーテルここからです。粥川から大野、大野から川上良平、ボールは前へ前へ!
フラーテルPCのチャンス
粥川が打った!だめだ!小野がもう一度!だめだ!フラーテルのPC、
だめだ!入らない!
立命館大の守備は強固です。
試合は…残り2分ほどでしょうか?

常時敵陣に侵入しながらも勝機をものにできないもどかしさ!

フラーテルのPC、二度のPC
いずれも落ち着いて、違うパターンで試みましたが…

これがフラーテルのラストチャンスになりました、フラーテル敗れました。
[PR]

by fraterkouhou | 2013-04-14 11:39 | ホッケー

<< 4/14 HJL男子 全試合予... ただいまアップ中です。 >>