インドアなMonday

今日は早朝から八事の現場。

しかし急に午後がオフになった!

月初めの月曜日なんかにいきなり遊べる相手もいなく(涙)、インドアで根暗な引きこもり体質が炸裂した結果、買わなくてもよいものをネットショッピングしてしまったよ!

もぉ~。
またやってしまった…


我に帰って反省し、心機一転気合いを入れるためノートパソコンの分解に取り組んでいます!(←バカ)

このところ、工人舎のノートパソコンに夢中で(苦笑)、メインモバイルマシンのレッツノートCFーR7を放置していました、ごめんねR7!

町で見かけるビジネスマンの殆どがレッツノートを使っている事実…私もレッツノート歴はむちゃくちゃ長くて、一昔前の愛機はCFーM32でした。CFー21、22、23全部持っていて、使いまくっていました。CFー23は最高のマシンだった。

挙げ句にCFー81と82というダブルディスプレーを2台ともいまだに現役で使っているぐらい、わたくしはPanasonic大好きなのです。

フラーテルの写真もPanasonicのデジカメ、LUMIXで撮影しています。LUMIXも各種合わせて4台も買っている始末。

話を戻しますがレッツノートは壊れない!トラブルが少ない!早い!軽い!もはやWindowsのビジネスモバイルマシンとしてはこれ一択!という風潮が長いですね。

しかしRシリーズもR9を最後に姿を消し、なんだかイマイチなj9とかj10とかが登場(*_*)
出たばかりのj10がネットで50000~70000円で投げ売りされてる
のを見るとなんでRシリーズをやめたんだよPanasonic!と怒りが込み上げてくる。

CFーRシリーズなんか余裕で現役ですもんね。ちっちゃあいミニミニノートパソコン欲しいなあ、でもお高いんでしょ?みたいな人は本気でオススメ。
ただしRシリーズにはファンレスという黒歴史があり、R7からそれが改善されてるので買うならR7以降がオススメ、でも現段階におけるRシリーズの最終モデルであるR9は生産終了しているにも関わらずまだ手が出ないぐらいの価格を維持しています。

最近はやりの安いネットブックとは違いPanasonicが本気で作っていたノートパソコンなんで、動作の安定性もボディの堅牢さも持ち歩きの利便性やビジネスモバイルとしての実用性も他を圧倒するよ、レッツノート。

取りあえず…
今日は夜中まで精密ドライバーを片手に、マスクをしてレッツノートの分解にいそしむ。

レッツノート使ってる人って分解大好きな人が多い。あっちこっちから部品を寄せ集めてオリジナル?なノートパソコンを作るのだー。

但し、R7はまだ分解したことがないし、当面分解の予定はありません。

なぜなら私のR7はマイレッツ倶楽部というPanasonic公式でスペシャルオーダーした(当時の)最強スペックマシンで、やれる限りの上位性を追求してある「プレミアムエディション」なのだ。(自慢)

で、分解しちゃうと二度とマイレッツ倶楽部のハイパーなカスタマーサービスを受けられないので、あと1年は分解を我慢する予定です。
[PR]

by fraterkouhou | 2012-11-05 20:34 | つぶやき

<< ◆選手投稿◆柴田良選手 ◆選手投稿◆長澤克好選手 >>