写真が甦った話

日本リーグ(京都シリーズ)から社会人選手権(東京)、そして国体あたりの怒濤のスケジュールの時、重要な写真データが壊れてしまいせっかく撮影した写真を失ってしまいました。

あれからおよそ1ヶ月半…

ついにサルベージに成功した!
(号泣)

写真復活!
壊れたデータの甦りに成功したのです。

ふー

良かった…。

これでセルリオさんも三菱化学坂出さんも大喜び(←?)

時代がデジタルに加速して物事は随分便利になったのだけど、その分リスクも増えていて、もしこれがアナログ写真ならばフィルムから焼き増しすりゃいいや!で済むんだけど、デジタルというのはメールだろうが写真だろうがWindows7のソフトウェアだろうがiPhoneのアプリだろうが全部0と1の配列で管理された数字の羅列で構成されているデータに過ぎないから、
一瞬で何万枚もの写真が消失するし、何十万人分いや何千万人分もの個人情報を小さなカードに入れて持ち歩けるし
新幹線や飛行機の設計図みたいな国家機密ですら小学生のチビッ子が簡単にコピーして持ち出せてしまうのだ。

アナログならそういうことしようと思った時点で10トントラック3台ぐらいを図書館や研究所の前に待たせて、力自慢のの男性スタッフ10人ぐらいで運び出す、アリさんマークとかクロネコヤマトとかのお仕事になるのだけど。

だって百科事典クラスの書類を10000冊というレベルだよ!
トラックが来た時点ですぐばれて逮捕される(笑)


とにもかくにもデータがサルベージできて良かった良かった。
[PR]

by fraterkouhou | 2012-11-05 07:10 | つぶやき

<< ◆選手投稿◆長澤克好選手 ◆選手投稿◆山下学選手 >>