篠島の風景

それではしばらくの間、誰にも何の需要のない私のマイワールドをお楽しみください。(笑)

a0275715_1418812.jpg


スターフィッシュ、つまりヒトデ。
ステラマリスとも言います。
変幻自在の体を持っているのに死ぬときも五角形になる、その正確無比な復元性はいったい何のため?



a0275715_14215883.jpg


打ち上げられたエイ?



a0275715_14243944.jpg


もはや芸術だ…


a0275715_14254384.jpg


半透明なゼラチン形状、クラゲ。

山側に向かって展望台を目指して歩く。
時計は12時を指していて、真夏のような炎天下!

てか7時から12時まで本当に5時間寝ていたのね(笑)ここはうちの居間かよ!というぐらいな格好で。
顔も含め全身砂だらけだがそんなことはなんら気にはならんのだ、うん。(笑)

a0275715_14272965.jpg


a0275715_14281599.jpg


岩肌にしがみついて実をつける柑橘類、多分酸っぱいだろうな!

a0275715_14292747.jpg


激しい起伏の山道を波の音を聞きながら歩いていくと時々景色がいきなり開けて隠れ浜みたいなのが出現します。

a0275715_14305087.jpg

険しくて降りていけないけどね!

a0275715_14314144.jpg

切り立つ深い谷の隙間に海がある。

a0275715_14321789.jpg

ぐるっと回って向こう側の浜。
あまりの道の険しさと孤独さで、途中心が折れそうになった!
それをガンガン抜き去っていく「名鉄歩け歩けの会」の真の実力を垣間見たよ!(笑)

遠くに浮かぶのは松島。
篠島は縦長の島で、先端は知多半島より南に突き出ている。

島の右側に前浜、前浜を越えて島の南端から前浜の裏側、つまり島の左側に差し掛かったあたりから知多半島の向こうの風景が見えてくる。それが松島。

前浜側からは絶対に見られないから、苦労して山越えするしか松島を見る術はないのだった。

a0275715_14344479.jpg

目玉みたいな貝殻。太陽に透かしてみると…「大変です!瞳孔が開いています!」

a0275715_14353761.jpg

鳥は迷ったり立ち止まったりしないでまっすぐ一本道で歩く。
人間はどうだろう?

a0275715_1437194.jpg

大きな鳥と小さな鳥が時間差で交差したようだ…。
[PR]

by fraterkouhou | 2012-10-27 14:17 | つぶやき

<< そろそろお開きかな? 神風が浜にて@篠島前浜 >>