家族に

朝早くても夜遅くても何時に着くかすら分からないのに送り迎えしてくれたり、
黙ってふてくされて寝てもなにも言わずにいてくれたり
理不尽さに泣いて悔しがっても普段通り接してくれたり

雨が降れば傘のように
暑い日には涼しい日陰のように
どーしたこーしたと日々一喜一憂する私を
少し離れて見ていてくれる

ありがたいなあと思うの
本当に

住んでいる場所が家なのではなく
待っている人がいる場所が家なんだ
つくづく思うのね本当に
[PR]

by fraterkouhou | 2012-10-26 22:16 | つぶやき

<< とりあえず内海を目指す。 ◆選手投稿◆粥川幸司選手 >>