[試合終了]フラーテル5ー0福井クラブ

▼試合終了
前半0ー0
後半5ー0
得点者は
古里、猿養、川上啓、古里、渡邉

▼試合終了まであと1分…これがラストプレーになるのでしょうか、長澤が打った、福井DF止めた、続いて渡邉が右から、決まるだろうこれは、渡邉!よし入った5ー0ここでホイッスル!フラーテル勝ちました!

▼小野、橘が上がった!小野が滑り込んでシュート…あっスティックが宙を舞った、フラーテルはPCのチャンスを得ました。

▼来たのか?来たのか?来た、塩川いいぞ!塩川が送って古里だ古里、真っ正面、もうボールが止まって見えていたことでしょう。自分のタイミングで、余裕で打ちました古里。4ー0です。古里の立ち回りの良さやシュートセンスもさることながら周囲のアシストも素晴らしい。1年2ヶ月ぶりの得点に古里の表情も明るい。


▼小澤がセンタリング、右からは坪内、左からは川上啓!川上啓だ、打った!これはきれいに決まりました。川上啓はいつものガッツポーズ!3ー0です。小澤がナイスアシスト。

▼ゴール左から川上良平が来ました、センタリングしてサークル中央には渡邉!真正面!あっ外れた、渡邉狙っていただけに残念そう、この得点ラッシュの波に乗りたかった!

▼次は猿養、伸びのあるタッチシュートこれはもう取れません、猿養が長い手を空に挙げてガッツポーズ。川上啓が真っ先に駆け寄ってフラーテル2点目、今日は何れもfieldgoalでの得点です。

▼小野、河内、飛び出したのは古里だ、ゴール左から古里、古里が体を大きく開いてシュート!決まった1ー0
フラーテルついに均衡を破った。
古里の公式戦得点は恐らく昨年の8月以来。

▼後半10分が経過、まだスコアは動いていません。0ー0のままです。フラーテルはまだ攻撃を続けている、この流れは得点への布石!

▼橘、猿養、渡邉で攻め上がる。打ったのは…猿養だ、福井のGKが鮮やかな黄色のレガースを大きく横に開いて止めた、体が柔らかい!フラーテルはまだ攻撃の手を緩めていません。

▼福井クラブがボールを手にする、川上啓がすかさずフォアから奪い取る。川上良平が横一文字に走り抜けながら小澤に横パスしてボールは再びセンターに戻った。フラーテル対福井クラブ、この時間は攻め合いになっています。

▼グリーンスタジアムに差し込む日差しはスタンドから消えて、スタンドはすっかり日陰になりました。このグラウンドは午後になると急に冷え込むのです。

▼攻める!攻めるフラーテル!小野と福代の間から河内が腰を低くしてシュート!あー外れた…河内が膝をついてがっかりという表情。しかし後半戦はフラーテルが攻撃の主導権を握って離していません。

▼少し肌寒くなってきました岐阜県グリーンスタジアム、後半のフラーテル布陣は

河内、坪内、小野
福代、塩川、川上啓
後ろは畠山、長澤、粥川に山下、
GKは青いレガースにグレーのユニフォーム、よく通る声のベテラン長岡です。



▼前半終了、0ー0です。

▼前半残り5分フラーテルはその福井クラブの守りをまだ突破できていません!スコアは0ー0のまま、スタンドには福井からの応援が並び、加盟初年度にしてプレーオフ登場の晴れ姿を誇らしげに見守っている。

▼福井クラブは中盤がよく上がってきていますが守備は絶対に上がってこない。全員攻撃はしないで守りを徹底的に固めるのは多くのチームが対フラーテル対策として最もよく取る方法です。

▼両チーム合わせて初めてのPCはフラーテル、しかしこのチャンスは残念ながら崩れた感じになってしまった。福井がすかさずカウンターで折り返してきた。嫌ですねこの感じ!長岡が右手を挙げた。長澤は落ち着いている。井島は長澤の一挙一動を本当によく見ている、また井島のマークは懸命でひたむきです。


▼ゴール前の混戦、小澤と渡邉どっちだ、打ったボールは僅かに浅くゴール手前にこぼれてしまった。ここでフラーテルのPCです。

▼坪内が来た、福井ゴール前でGKと一対一、打てるか?打ったが厳しい!ダメだった。

▼ボールは中盤から自陣に、これを井島、粥川が跳ね返して真ん中は塩川、塩川と福代、前の坪内で回したが前線には送れない、あー福井はよく守っています!しかし坪内は今日も良さそう!

▼福井クラブの守備は強固、フラーテルのサークル侵入を全員守備で阻止する構えです。小野、古里、河内が入っています。小野が右からコーナーを狙うが福井が防いでボールは中盤にリターン。

▼川上良平よく走っている!背番号20!回りの声がよく聞こえている、見えている、そして慎重。川上啓がよいリード、福井クラブが積極的に攻め上がっているこの時間、自陣に黄色のユニフォームが入り乱れている。

▼現在のメンバー
渡邉、橘、猿養
小澤、川上良平、井島
川上啓、長澤、粥川、山下
GKは長岡です。
スタートから一度チェンジしています。

▼フラーテルと福井クラブは時には合同合宿を行うなど互いに切磋琢磨してきました。福井クラブはフラーテルとの対戦について、よく「胸を借りる」という表現を使ってくれますが…積極果敢で勝ちに対する一途な姿勢は見習うべきところが非常に多い、加盟は初年度ながら東西社会人リーグの頂点に座し、日本一のタイトルを持っている実力派です。

▼ご存じ赤いユニフォームは名古屋フラーテル、日本リーグでの優勝回数は最多、一方の黄色いユニフォームに黒のパンツが福井クラブ、もちろん日本リーグの優勝経験はありません。

▼これから始まる本日の第2試合は予選1位名古屋フラーテル対福井クラブ、本年度のホッケー日本リーグ2012通算70試合目(MatchNo.70)の節目試合でもあります。

▼そして第2日目の本日、11時からの第1試合では予選2位の立命館大学に地元岐阜朝日クラブが挑みましたが3ー0で立命館大学の勝利となりました。

▼昨日は日本リーグ加盟1年目の福井クラブが関西学生の強豪天理大学を延長戦の末4ー3で破り、また埼玉のALDER飯能を地元の岐阜朝日クラブが4ー1で撃破、それぞれ今日の二日目に駒を進めてきました。

▼秋晴れの岐阜県グリーンスタジアム、半年に渡って戦ってきたホッケー日本リーグのプレーオフも第2日目を迎えています。
[PR]

by fraterkouhou | 2012-10-20 12:47 | ホッケー

<< 夕食です! 結局! >>