[試合終了]フラーテル1ー0法政大学

▼試合終了1ー0
フラーテル勝ちました。しかし実に課題の残る試合になりました。京都会場の第2試合の試合結果はまだ来ていません。

▼フラーテルのPC
畠山が打ったが入らない…
右から塩川がセンタリングして、正面に福代!あっだめだ、送れない、福代待っていたがボールは来なかった。試合はあと残り僅か…。

▼何かこう、スッキリしない!スパッと決めて欲しい気がする。

▼後半残り10分…
法政大学のPCです。
ここは止めなくては!よし!高瀬粥川の息はぴったり。なんなく止めてフラーテルが再び攻め上がってきました!

▼橘が打った!轟音響くとんでもないパワーシュート、決まった!なんか試合の空気が変わったぞ?フラーテル1ー0でリード。橘のシュートはパワーがあるだけでなく非常にスピードがある。焦ることなく冷静に距離を計算しているのがわかる…顔をあげて、打ち込む場所を正確に見ている橘です。

▼橘が滑り込んでタッチ、入りはしなかったがPCになった。もうここは入れてもらわないと!!!

▼後半15分、法政が得点を意識して攻め上がる時間が増えてきた。フラーテルは法政の攻撃を力でねじ伏せて押さえ込んでいます。そこはもう粥川が一歩も譲らない。

▼この試合初めて小澤がインしました。
小野、坪内、古里、ゴール前になだれ込んでなんとかねじ込みたい!PCになった。畠山!入らない…。

▼フラーテルのパスは流れ気味、思うように運べない!坪内がもっとよく見てやろうやーと苦笑い、実に難しい試合になってきてしまいました…。

▼コーナーからフラーテルが攻める、川上啓、塩川、猿養がサークルイン
押し込めるか!どうだ!法政大GKナイスセーブ。

▼フラーテルのPC、また畠山!どうだ!ダメだ!リバウンドを井島!滑った、取れない!決定的なチャンスを何度も得ながらフラーテルは得点を得られないままです。

▼渡邉、小野、福代が渾身の働きでチャンスメイク。小野の瞬間的な判断力は今日もよどみなし。

▼毎度この阿須グランドでは何だか苦戦してしまうフラーテル、後半初めてのPCです!畠山打った!また入らない。

▼後半のスタートです。
小野、坪内、渡邉
福代、塩川、川上啓
畠山、粥川、山下、井島
GKは引き続き高瀬です。

▼前半終了0ー0

▼うーん、法政のGKにかなり取られていますね、法政のひたむきなプレーが怖い!いま法政のPC、高瀬クリア、フラーテル頑張れ、間もなく前半終了
試合はまだ0ー0のままです。

▼今一つ攻守が噛み合っていないのか…あ、古里が入りました。FWは河内、坪内、古里。

▼前半20分、フラーテルのペースではありますが法政も深く攻めこんできます。サークル内への侵入はもちろん、簡単にシュートを打たせてはいけないのですが…危ないシーンがちらほら見えます。

▼フラーテルのPC、とにかく畠山畠山畠山畠山と四回続けて畠山。結果を出せない畠山はとても苦しい表情です。
これを川上啓が毎回声をかけてフォローしています。

▼フラーテルのPC
三度チャンスがありましたが三度とも決まらず。首をかしげる畠山に小澤が何か耳打ちしている。
PCのスペシャリスト、というと第一にはシュートを打つ役目の選手が浮かびますが例えばこの小澤、ここまでいったいどれぐらいのPCに参加して来たのでしょうか?PCの成功は単にシューターだけでなくリバウンド後の展開も含め、実に多くの選手が参加しているということに改めて気づかされます。

▼フラーテルはゆっくりとしたペース、川上啓がよく声を出している。前半5分を過ぎています。まだ両チームとも得点はありません。しかし攻めているのはフラーテルです。

▼赤いユニフォームのフラーテルに対し、今日の法政大学はネイビーブルーのユニフォーム。法政大学のトレードカラーであるオレンジは…あったあった、ありました、ベンチの後ろに大きく掲げられた「走れ!走れ!走れ!法政大学」の横断幕が、目の覚めるようなオレンジ色です。

▼フラーテルの先発…
橘、小野、猿養
川上啓、塩川、福代
畠山、山下、粥川、井島
GKは高瀬です。

▼飯能会場の第2試合にあたります、フラーテルvs法政大学
ちなみに京都会場は小矢部ROvs福井クラブが第2試合です。

▼飯能、京都の2会場で行われています日本リーグ最終シリーズ。ここまでの試合結果は

京都会場
○RS岐阜3ー1天理大学●
飯能会場
△山梨学院2ー2東京農大△
となっております。

▼非常に、非常によいお天気になっております、ホッケー的に。日は雲に隠れ風が吹く。涼しく爽やかなお天気、これは過ごしやすい。
[PR]

by fraterkouhou | 2012-10-14 13:03 | ホッケー

<< HJL10月14日(日)全試合結果 グランド到着! >>