天然芝と竜の髭

a0275715_16331526.jpg


左が天然芝(高麗芝)
右が竜の髭

天然芝(高麗芝)
a0275715_16341871.jpg


竜の髭
a0275715_16344519.jpg


あうあうあ~
長久手の空は今日も青かった。
終わりなきお仕事はいつまで続くのー
もう、一度インしちゃうと出口無しエンドレスな現場でございます。

でもねえ
結構ここが気に入ってます。
今週末は埼玉で人工芝だな。

ちなみにうちの実家には天然芝が植わってます。ゴルフ好きな父が家族の猛反対を押し切って作った異常に広いベランダには人工芝。
(現在は完全に用途がドッグラン化していますが(笑))

私の自宅は、と申しますと、メチャメチャ狭いちょっとだけのスペースに竜の髭を植えています。
一年中緑で、モコモコしていて可愛いので気に入ってます。

庭園や風景を設計するランドスケープデザイナーという人に取材であったことがありますけど凄かった。

春の花、夏の日差し、秋の紅葉、冬の風、雨の日に水がどう流れどこに貯まるのか、
何年たったらどの木がどの木を追い越してどんな風景になるのか、それを全部考えて草木を植え石を積み、土を盛るのです。

その人はこんなことを言っていました。

「庭はきれいな方がいい、でも庭なんか本当はおまけにすぎない。大切なのはそこに住む人が幸福であること。だから僕たちが一番悲しいのは精魂傾けて自分が作った庭が壊されることなんかではなく、その家で一緒に庭の風景を眺めて過ごすはずだった人たちが様々な理由によってバラバラになり、家族が離散してしまうことだ。その庭を見ながら過ごす人々の笑顔こそが庭の最も大切な要素なのです。」

美しく整備され手入れが行き届いている庭は、やはりなにかしら魅力的で細やかな気遣いを感じる。

自然体がいい!と言いつつも私たちは野生のままには生きられないわけで、造園やガーデニングはその隙間を埋める癒しのアイテムではないかと思います。
[PR]

by fraterkouhou | 2012-10-10 16:32 | つぶやき

<< ◆選手投稿◆山下学選手 フラーテルファミリー14号完成目前! >>