[試合終了]フラーテル2-2立命館大学

▼試合終了、これで日本リーグ通算成績は9勝0敗1分。10勝を目指しましたが本日引き分け、立命館の粘り強さには敵ながら天晴れと申し上げるしかありません。

▼ああ~立命館が攻め込んできた混戦を防ぎ切れない、来た、長岡、これはどうしようもない。なんということでしょうね。フラーテル後半35分に一点を失いました。

▼攻めるフラーテル、ベテラン小澤が素晴らしい働きです。力強いリードです。さあ橘と渡邉、河内が行く、小澤は敵を寄せ付けない、渡邉から橘だ、橘打て打った敏郎!決まったーーー渡邉ガッツポーズだ小澤が笑顔を見せている、橘と渡邉が抱き合っている
フラーテル後半の終盤に実に貴重な追加点を得て2-1
試合は残り1分だ


▼小野が行く、塩川も行った、真ん中から川上啓、塩川から川上、川上ナイスタッチ!!!決まった!川上啓だ、後半23分フラーテルは1点を返して同点に。
1-1試合は振り出しに戻った!ナイス啓!

▼試合は後半15分を過ぎようとしています。両者一歩も引いていない。ゴールを囲んだ!フラーテルのチャンスだ。

▼何人が攻め上がって行けるのか、何人が帰ってこれるのか、どこまでゴールに近づけるのか、あるいは寄せ付けないか
もはやその一瞬一瞬の僅かな判断にだけ試合の行方が支配されています。

▼フラーテル攻める!攻める!攻める!猿養が逃げのない渾身のプレー、惜しいぃ!シュート入らず…!残念!すぐさま立命館が攻めてきた!

▼フィールドでは激しい攻防が続いているが得点は動かない。攻守が数秒ごとに入れ替わる展開。

▼小澤が狙う、小野がサークルイン、河内も来ている、行けフラーテル!
立命館のブロック、険しい道だ!フラーテルは苦戦している。

▼フラーテルクリア、よし!

▼立命館が攻め上がる、追うフラーテル
山下が追っている、追い付けないか
いま立命館のPC
川上啓と長岡がうなずきあって粥川が声をあげた、ここは大事な場面だフラーテル!

▼後半の開始。
橘、小野、河内、
福代、小澤、塩川、
畠山、川上啓、粥川、山下
GKは長岡

▼前半終了
0-1で立命館大学のリード、フラーテル残念ながら負け越しています。次なる後半での巻き返しに期待。

▼フラーテル、よく攻めています。立命館の守備は固い!中盤でカットされてしまいます。しかしフラーテルもまた立命館の攻撃をがっちりと防いでいます。

▼この時間、フラーテルが攻めている。激しい攻撃、立命館の体を張った守備、橘がちょっと倒れたようです。大丈夫でしょうか?橘起きてきました、ホッとした。

▼フラーテルも攻める、塩川~福代~河内、塩川河内やや遅かったかスティックを伸ばしたが届かずラインアウト。

▼立命館がボールをコントロールしています、いままたシュート、危ない!打たれました、しかし入らない。命拾い!

▼ただいま立命館大学のシュートが決まったようです、0-1 前半22分
フラーテル先制を許しました…。

▼立命館大学で構成された京都チームと、
フラーテルで構成された愛知チームが和歌山の地において国体近畿東海ブロック代表決定戦で激突したのはつい先日のこと。立命館大学にとっては雪辱戦とも言えます。フラーテルの警戒意識も他試合以上に高いはず。

▼前試合でクロスプレーによるシリアスなシーンがあり、救急車が到着して騒然としている柊野グラウンド入り口。昨日は入り口付近だったフラーテルベンチですが今日は入り口から遠い側のベンチで、この騒ぎはあまり気にならないでしょう。

▼エンジ色のユニフォームの立命館大学、フラーテルは今日は青のユニフォーム。試合開始10分を過ぎて0-0、スピード感溢れる激しい攻防が続いています。

▼雨上がりからのお天気とあって湿度は高く選手たちの額には汗が吹き出ています。

▼さんさんと太陽が照りつけています、立命館大学柊野グラウンド、
第一試合はSelrio島根1-2東京農大、
第二試合は岐阜朝日1-1ALDER飯能
となっています。
[PR]

by fraterkouhou | 2012-09-23 13:29 | ホッケー

<< 9/23HJL全試合結果(京都... 柊野グラウンド到着~アップ >>