9/18全試合結果・評|全日本社会人ホッケー選手権

(注意)「公式戦評」の内容面について連日さまざまな誤字や記録ミスなどのご指摘をいただきますが、これらは会場で配布されているものと同じ、日本ホッケー協会で公式試合記録と共に掲載されている戦評を全文そのまま転載しています。
その旨どうかご理解の上ご覧いただければと思います。なおフラーテルの試合についてはリアルタイムで戦況レポをお届けしつつ、当日中に独自の試合結果報告を改めて記事として写真と共に掲載していますので、ぜひそちらも併せてご覧ください。っていうかフラーテルファンはそっちを見た方が絶対楽しいし(笑)
やや痛い私のテンションの上げ下げもお楽しみください。


2012年9月18日

▼9:00~3回戦(準々決勝)[日野G]
○Selrio島根2-1小矢部REDOX●
前半1-0
後半1-1

【公式戦評】
Selrio島根のセンターパスにより試合が開始された。前半10分、Selrio島根がビハインドから一気にサークルまで持ち込み、PCを獲得。#15岩田がきっちりと決め1-0とする。その後も両チームチャンスをつくるが、得点に結びつけることができず、前半終了。
後半に入り、42分に小矢部RED OXがPCを獲得し、#6河合のフリックが決まり、1-1の同点とする。その後小矢部RED OXは何度も決定的なチャンスをつくるが、得点を決めることができない。試合終了間際、Selrio島根はDFから一気に#8糸原へとパスを通し、そのままサークルに持ち込んだ#8糸原がリバースシュートを決め、2-1でSelrio島根が劇的な勝利をおさめた。



▼10:35~3回戦(準々決勝)[日野G]
○箕島クラブ3-2三菱化学坂出●
前半1-1
後半2-1

【公式戦評】
簑島ホッケークラブのセンターパスにより試合が開始された。序盤、三菱化学・坂出ホッケーチームの攻めの時間帯が続く。しかし、簑島ホッケークラブの粘り強い守りになかなか点を決めることができない。一方、簑島ホッケークラブも19分にPCを獲得するも決められない。22分に、#4佐々木康介のパスから一気にサークルまで持ち込み#15戸田が先制点を決める。28分に三菱化学・坂出ホッケーチームもPCを獲得し、#10大田がフリックを決め、1-1で前半を終える。
後半に入り、40分に簑島ホッケークラブがPCを獲得し、#4佐々木康介のパスを#8上野山がタッチで合わせ、2-1。その後も、簑島の勢いのある攻撃が続き、57分にもPCを#7江川が決め、3-1とリードを広げる。簑島ホッケークラブの堅い守りになかなか点を決められない三菱化学・坂出ホッケーチームだったが、62分にPCで#12永田がストレートで決め、3-2とするが、その後も、簑島ホッケークラブが攻め続け、3-2で試合は終了した。



▼15:00~準決勝[日野G]
箕島クラブ2-1Selrio島根
前半1-0
後半1-1

【公式戦評】
簑島ホッケークラブのセンターパスにより、試合が開始された。序盤は簑島ホッケークラブがボールを支配するが、#13坂本がグリーンカードをもらい一時退場すると、Selrio島根が相手ゴールに攻めかかる。ゲームが動いたのは、前半26分。簑島ホッケークラブ#15戸田がシュートを決め均衡を破る。Selrio島根は何度も相手サークルに攻め込むが、簑島ホッケークラブのDFに阻まれ、ゴールネットを揺らすことはできず、簑島ホッケークラブのリードのまま、0-1で前半を折り返した。
後半に入り、拮抗した試合展開が続くが、55分にSelrio島根#6伊藤がシュートを決め、試合を1-1の振出に戻した。その流れのまま、Selrio島根PCを2本とるが、得点にはつながらない。同点で後半を終了すると思われたが、簑島ホッケークラブが試合終了間際にPCを獲得。これを#7江川が強烈なフリックを決め、1-2とし、劇的な勝利を収め、決勝進出を決めた。



▼9:00~3回戦(準々決勝)[浅川G]
○Riversoul岐阜1-0栃木クラブ●
前半0-0
後半1-0

【公式戦評】
前半、RIVERSOUL岐阜#13辻センターパスにて試合開始。水が浮き重い芝という悪いグラウンドコンディションに、両チームとも細かいパスがつなげず、ヒット・スクープが多くみられる。RIVERSOUL岐阜優位な展開。RIVERSOUL岐阜が3分、5分とサークル内に持ち込み、シュートを打つが決まらず。6分、栃木ホッケークラブが速攻でサークル内に入るが、シュートに至らず。10分過ぎより、RIVERSOUL岐阜の攻撃が続きシュートは枠外やGK正面で決まらず。22分25ヤード付近からのヒットでサークル内FWタッチシュートを狙ったが外れ、その後RIVERSOUL岐阜の右側からの攻撃。センター付近でインターセプト、#15小池センター近辺からのドリブルと攻撃は続いたが、両者得点・PCなく前半終了。
後半、RIVERSOUL岐阜優位の展開。38分RIVERSOUL岐阜が試合初のPC。一発目、リバウンド2発目の立て続けのシュートを栃木ホッケークラブGK好セーブ。40分RIVERSOUL岐阜PC。栃木ホッケークラブの抗議でサゼスチョンアンパイヤと協議の末、16ヤードFHとなる。48分栃木ホッケークラブPC、RIVERSOUlL岐阜は抗議するが判定はそのまま。PC第一シュートをRIVERSOUL岐阜BKが好セーブ。直ぐRIVERSOUL岐阜の攻撃。後半50分右側らの攻撃。
サークル内で弾んだボールを#11伊藤がゴール左に押し込み先制。その後もRIVERSOUL岐阜のシュートが何本も続いたが得点に至らず。64分RIVERSOUL岐阜PC。シュートは栃木ホッケークラブGKが弾きLC。その後#9杉下がサークル左側から強烈なシュートを打つが、ラインを割り、16ヤード。残り2分栃木ホッケークラブが右側から攻めたが、25ヤードラインまで届かず。その後はRIVERSOUL岐阜がうまく時間を使いゲームオーバー。

a0275715_2237542.jpg


a0275715_22373280.jpg


a0275715_22375449.jpg


a0275715_223863.jpg




▼10:35~3回戦(準々決勝)[浅川G]
○フラーテル1-0滋賀クラブ●
前半0-0
後半1-0

【公式戦評】
前半、名古屋フラーテルホッケーチーム♯4小野のセンターパスにて開始。名古屋フラーテルホッケーチーム優位な展開。左右両サイドからの攻撃。後方で大きく展開しつつタイミングを見計らい前線につなぐが、シュートに至らず。滋賀クラブはBK♯3久保のロングスクープにて一気に最前線にボールを運ぶがその後の攻撃につながらず、名古屋フラーテルホッケーチームの攻撃となる。19分名古屋フラーテルホッケーチーム♯14長澤の放ったシュートはポストにはばまれ得点ならず。その後何本もシュートはあったが枠外、絶好球をタッチできずラインを割る等、得点ならず。27分,33分,34分とPCを取ったがシュートが枠外、滋賀クラブBK陣の好セーブにより無得点。0-0で後半へ。
後半、頻繁なメンバーチェンジで体力に余裕がある名古屋フラーテルホッケーチーム優位。滋賀クラブは♯3久保からのロングスクープで前線につなげるという展開。5分名古屋フラーテルホッケーチームが立て続けにPC、2本目ゴール右上に#14田畑フリックシュートが決まり先制。15分過ぎより名古屋フラーテルホッケーチーム立て続けにシュートを打つが枠外。GK好セーブでゴールならず。21分名古屋フラーテルホッケーチームPCを取ったが、滋賀クラブチャレンジ。PCは16ヤードフリーヒットに変更。滋賀クラブ♯5西村のドリブルを名古屋フラーテルホッケーチーム♯14長澤が体で止めグリーンカード。滋賀クラブの攻撃は続き25分滋賀クラブチャレンジにてPCを取るが得点ならず。ラスト5分名古屋フラーテルホッケーチームはマイボールで時間をうまく使いゲームオーバー。

a0275715_22443096.jpg


a0275715_22462912.jpg


a0275715_2247279.jpg


a0275715_2247551.jpg




▼15:00~準決勝[浅川G]
フラーテル4-0Riversoul岐阜
前半0-0
後半4-0

【公式戦評】
秋らしい涼しい風の中、RIVERSOUL岐阜の打ち込みによって試合開始。序盤から両者共にハイスピードで好守がめまぐるしく入れ替わる激しい攻防が展開される。互いに隙のない布陣でフィールドをワイドに使ったボール回しが行われた。前半10分、サークル外から名古屋フラーテルホッケーチーム#6河内がタッチシュートするも惜しくも枠を捉えきれない。その後も名古屋フラーテルホッケーチームはわずかな隙からシュートを放つも、RIVERSOUL岐阜のDFに得点を阻まれる。前半20分、名古屋フラーテルホッケーチームがPCをすると、#14長澤が強烈なフリックシュートを放つが、GKの好セーブで得点ならず。前半20分以降、名古屋フラーテルホッケーチームが猛攻撃を仕掛けるが、RIVERSOUL岐阜もカウンターで対抗し、0-0のまま前半を終了する。
後半に入り好守がめまぐるしく替わるハイスピードの攻防はより一層激しさを増す。後半42分に名古屋フラーテルホッケーチームがPCを獲得すると#14長澤がDFをかわして放ったプッシュに#5渡邉が上手く合わせて先制。ついに試合が動き出す。更に後半44分にもPCを得ると、リバウンドボールを#1小澤がしっかりと決めて追加点を奪う。その後は名古屋フラーテルホッケーチームがラインを下げて、RIVERSOUL岐阜の攻撃回数が増えるも、名古屋フラーテルホッケーチームの守備を突破できない。後半54分に、名古屋フラーテルホッケーチームが自陣から逆サイドに打ち込んだヒットがカウンターとなり#7猿養がリバースヒットを決めて3点目、さらには後半69分にも#17橘がカウンターからヒットシュートを豪快に決めて、0-4で名古屋フラーテルホッケーチームが決勝戦進出を決めた。

a0275715_22491389.jpg


a0275715_2251783.jpg


a0275715_22512462.jpg


a0275715_2342054.jpg

[PR]

by fraterkouhou | 2012-09-18 22:32 | ホッケー

<< vs滋賀クラブ 試合前風景 旅から旅へ >>