2012年夏の頂点=>大和園のかき氷

どこから説明すればよいのだろう?
抹茶ミルクというメニューに照準を絞って一日2~3杯、週平均15~20杯、月40000円近くを投下してきましたが!

ついにナンバーワンかき氷に出逢いました!

あまりに感動したので今日は総力レポートします。


a0275715_18114427.jpg

長久手に程近い名東区。
茶のマークが目印。

a0275715_18121652.jpg

シックな外観の大和園。

a0275715_1813635.jpg

よくありがちな、普通のお茶屋さん。
お茶や茶道具が売ってます。
煎茶や番茶のバリエーションも豊富。

a0275715_1813462.jpg

座敷や椅子席など一つとして同じ席がなく、非常にアットホームでくつろげます。

a0275715_18143595.jpg

和風というよりアンティーク風?古美術品なども並んでいます。これは火縄銃(笑)

a0275715_18154122.jpg

尾張名古屋で古くから作られている土人形のお雛様。古い家には必ずあると言ってもよい。これに雛祭りの掛軸を合わせてワンセット。

a0275715_18175633.jpg

かき氷メニュー。
白玉だ抹茶アイスだとトッピングされた、いわゆるパフェ風のデコレーションかき氷は1000円級。
ほうじ茶かき氷やきなこかき氷、黒蜜かき氷などもある。

a0275715_18182311.jpg

ここは当然シンプルかき氷500円をセレクト。氷と抹茶シロップだけ。
お茶屋さんの抹茶シロップだから期待できるよね!

a0275715_1818565.jpg

来たっ!素朴な木製トレイに載って粉雪サラサラ系のきめ細かいかき氷が運ばれてきたよ。

a0275715_18191263.jpg

うおぉぉ~濃厚な抹茶シロップ!見ただけで香ばしい苦味が伝わってくるようです!タラソカラー(笑)

a0275715_18195694.jpg

かけてみた!溶けるように吸い込まれていく!その辺のお店で食べる「緑色」かき氷の抹茶シロップとは完全に一線を画する濃緑色の、苔のような色合いです。

a0275715_18205231.jpg

さあここでついにアレの登場です。
そう、抹茶かき氷の恋人、練乳!!
別名コンデンスミルク!

a0275715_18211447.jpg

マヨネーズみたいな外観ですが、これ業務用コンデンスミルクなんです。

a0275715_182311100.jpg

驚いてはいけない、この店は業務用コンデンスミルク2サイズを原価に近い金額で販売しているだけでなく、それをボトルキープできるのだ!

もちろん持ち帰ってもオッケー。当然一番でかいのを即購入した私は紛れもないコンデンスミルカーです!

店内のショーケースには常連のコンデンスミルカー諸先輩のマイボトルがずらりと並ぶ奇跡のような風景が!

a0275715_18215367.jpg

私「うわあああ練乳ボトルキープっ!すごいっ!素晴らしい!」

お店の人「ええうちはお好きな方のために業務用コンデンスミルクを仕入れて安くお分けしています!ボトルキープしても持ち帰っても、他のものを持ち込んで頂いても全然構わないんですよっ!」

私「ええええ。私毎日持ち歩いてますよ、練乳。」

お店の人「本当ですか?本当にいまお持ちですか?」

私「はい、ほら(笑)」

お店の人「わっ本当だ!いや~なんか嬉しいな、本当に持ち歩いていらっしゃるんですね!」

私「ええ、月100杯を目標に、コンデンスミルクはこの市販の牛さんマークのものを週1本ペースで消費しています。(胸を張る)」

お店の人「すごいっ尊敬します。いやあ嬉しいな~ようこそおいでくださいました!」

このお店の人、本当にどこまでもどこまでも明るく元気で優しいので、店の居心地も最高に良いのですよ。


さて、一般的なコンデンスミルクとの比較。
a0275715_1824241.jpg

左は1kg業務用、真ん中はこちらも業務用の雪印コンデンスミルク、一番右は私が日常的に持ち歩いている(笑)森永の練乳。
なんでそんなものを持ち歩いているかって?

当たり前のことを聞かないで下さい!
かき氷のある所に練乳あり、練乳のない抹茶かき氷なんて考えられませんよ?
かき氷を毎日毎日食べまくっている私には、当たり前のようにバッグに一本入れています。(笑)

もう練乳ですらないのね。コンデンスミルク。見た目は完全にマヨネーズ。マヨネーズ以外の何物でもない。

a0275715_18342014.jpg

思う存分かけるっ!
なんという快感!なんという幸せ!
即完食!
はい2杯目!

a0275715_18352416.jpg


私「このお店でかき氷を2杯食べる人は…?」

お店の人「普通です。普通に2杯行きますね。」

私「おぉ!素晴らしいっ!ちなみにかき氷は冬も…?」

お店の人「当然一年中やっています。雪が降る日も皆さまに召し上がっていただいています。」

私「おおおおぉ~神よ~。これは夢なのか~?ここは天国ですかっ!」

はい、こちらがお店の詳細です。
行くしかないぞ!マジで!
a0275715_1840124.jpg


その後私は夢うつつな気持ちのまま、自動的にコメダに入り、いつも通りかき氷をオーダーしました。
a0275715_18413715.jpg


本日の3杯目。

帰宅してすぐ何をしたかと言いますと、「マヨネーズのチューブにプリンを入れました」で大ブレイクしたスイーツが冷蔵庫にあるのを思いだし、中のプリンを秒速でイッキ飲みして空き容器を生み出した(笑)

私「ランラン♪」

巨大なマヨネーズ型コンデンスミルクをこの空き容器に詰め替えた!

a0275715_184836100.jpg

Nice!Nice!Nice!
何かこう、「越えてはならない一線」を越えてしまった気がしてならない今日の出来事。

大和園に自分の名前を書いた巨大なコンデンスミルクをボトルキープしている顔も知らない人々のことをふと思ったよ~。

顔色ひとつ変えずお代わり3杯目を平然と運んでくるお店の人とか…(笑)

この店はかき氷マイブームな私にとって素人を卒業してある種のマニアに進化する第1関門ではないかと、そんな気がしました。

どんな下らないことも本気でとことん追求すると、考えられないような奇跡に出会えるのだ。私は常々そう思っているのですが、その考えは間違っていませんでした。(断言)

※一日3杯4杯のかき氷をコンデンスミルク山盛りで食べることは素人さんには到底おすすめできません。
素人さんはまずコメダのかき氷(大)を軽く完食できるようになるところから練習してみて下さい。
それが出来たらコメダ のかき氷(大)のあとすぐにかき氷(ミニ)を連食し、様子を見る。大丈夫そうなら普通のお店の2杯は行けると思われる。
コンデンスミルクは恐ろしく糖分が高いので、高血圧の方やダイエット中の方は今までの苦労が一瞬で台無しになる可能性が高いため、使用については自己責任で…。

コンデンスミルク業務用1kg1000円
コンデンスミルク業務用500g500円
[PR]

by fraterkouhou | 2012-09-01 15:06 | 食べ物

<< 新栄鐵板堂にて 廉価版かき氷に新たな顔ぶれ >>