「ほっ」と。キャンペーン

昨日のアクシデント

まず最初に結論から申し上げれば…全然大丈夫で元気に一緒に帰ってきましたのでご安心下さい。
それどころか山盛りお弁当食べてました!(笑)おいおい~。

「だって腹は同じように減るもん!」と言っていたのは勇太。

昨日の試合開始から5分ぐらいかな、相手のスティックの先が当たり、福代勇太選手が頭を少し切りました。

出血がかなりあったのと場所が場所だけに救急車で付近の救急病院へ。
救急車の中でも勇太はちゃんと自分で何でも質問に答えて書類も書いて、さすが勇太!って感じでした(笑)

病院でホチキス3発ぐらい縫って、念のためレントゲンもCTも撮って異常なし。

ドクター
「頭はちょっと切っただけでもたくさん血が出ますからびっくりされましたね。」


「ええはいまあそういうのはよくあることだから大丈夫…いやいやびっくりしましたし心配でついてきてしまいました。」

念のため、夜になって気分が悪くなったりしたら即医者に行きなさい、はい分かりましたと勇太が答えて終了。

待合室で二人で待っているとき…

勇太
「試合どうなったかな…国体で人数おらんから心配やあ」


「もうそろそろ聞いてみよっか!」


救急車のドアが閉まるまで高瀬選手がずっと力を貸してくれて、最後に「いまカユが1点入れたから心配すんな、また連絡して!」と言ってくれた。

救急車の中の処置が一段落してからの移動中、サイレンの音をBGMにしながら勇太に


「勇太、カユが入れて1-0だよ!勝ってる」

勇太
「おお~。いや1点じゃまだあかん!油断はできんな!」


「うん走るからね、後半入れてくるし後半も全然スタミナあるからね、京都は。」

で、病院についてすぐ勇太の治療中に、携帯を首で挟んで両手でタオル一本分の血を洗面所でゴシゴシ洗いながら試合会場に電話。


「どうっ!どう?」

高瀬
「いまマグが決めて2-0!」


「よし!!勇太ぁ!2-0!」

勇太
「まじか、あと1点やな!」

包帯ぐるぐるな勇太がカーテンの向こうから出てきた。
どんな薬より効くわー、ていうかマグやるなあ!とかなんとか二人で話ながらタクシーに乗って会場に急ぐ。


「ギリギリ試合には間に合うよ!」

勇太
「ジゲンが走れてるか心配やあ」


「私もジゲンが一番心配だわっ」

勇太
「試合どうなったやろ…(電話)おおっ3-0だ!あと20分!」


「おおっ」

勇太・私
「いけるっ!これはいける!運転手さん急いでーーーーー!」


会場到着!



「竜二、竜二、章さんに勇太帰ってきたって伝えて!」

古里
「おぉおかえり!!お疲れさん!勇太帰ってきた!」

高瀬
「カユがまた入れて3-0!」

勇太・私
「残り僅か!! いけるっっっーー!」

試合終了!


みんな勇太に
「ナイスプレー!」とまず拍手して迎えてた。

粥川主将「勇太のあの本気のプレーがチームをひとつにしたわ~。」

勇太「オレなんもせんかったけど勝ったわな~。(笑)(笑)」

(こっそり)
高橋章監督
「そもそも人数少ないところに試合開始5分でもういきなり真ん中の勇太持って行かれて、たまらんわ~。」


「勇太も救急車乗った瞬間から戻ってくるまで自分のけがのことより試合のことばかり気にしていましたよ…。」


ところで試合終了少し前。


「ジゲンはどこいった!ジゲンジゲン…あっ頑張れている!」


そして試合終了。



「ジゲン~。(涙)やり切ったっ!」

畠山
「やり切りました~(涙)」

小野
「甘い!ジゲン、オレと一緒にスタミナトレーニングしような!」

畠山
「ハイ!」

ケガはない方がいいに決まってるけど、時に避けられないケガもある。
血を見て引いてるヒマはなくて、大会の担当やヘルプの選手はテキパキと対処していく。

グランド外に出た後、あまりの出血具合に周囲がヒャーっと遠巻きにしている中、柴田良選手が真っ先に来て傷口をタオルで押さえてた。

フワァっとタオルに血がどんどん染みてくるのを私は柴田さんと交代して押さえて、柴田さんが勇太の荷物などを探しに行ってくれた。

顔を上げて少し遠くを見たら、丘の上でビデオを撮っている川上良平選手と山下学選手が見えた。

試合前、

山下
「もし雨が降ったらヤバイ…傘欲しいね!」


「めっちゃ小さいのならあるよ、持ってくるわ」

山下
「カメラさえ濡れなきゃいいんですよ!オレらなんかどうなっても。これは大事な大事な資料ですから」


「分かるー、私も自分用の傘じゃなくてカメラ用のつもりで持ち歩いてる傘ですもん。自分が濡れないために差したことほとんどない。でもここ、一番暑くて一番苦しいポジションですね、今日は。」

川上良平
「いやオレらはここで頑張りますんで大丈夫です!」


こんな風に、試合に出てる選手も出てない選手も、心を一つにして手にした勝利です。

とはいえ勇太はこの先しばらくはまだ消毒や抜糸などもあり、ちょっと勤務先の皆さまにご迷惑をおかけするかもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします。




「3針縫って3点か…。てことは?勇太!」

勇太
「ちょ~っと。やめて下さい!痛いのオレですから!」
[PR]

by fraterkouhou | 2012-08-27 17:12 | ホッケー

<< コメダかき氷3店舗レポート 帰還しました! >>