美しい、Madonna Lily

a0275715_19283073.jpg


なぜに白ユリ(Madonna Lily)は

a0275715_19292753.jpg


雑草の中に咲くのだろう?

a0275715_19301143.jpg


どんな雑草の中にあっても、遠くからでも必ず探し出せる。
そこだけが明かりがついているかのように光っているからね。

a0275715_19311158.jpg


本当に…

闇夜に浮かぶ星のようだ。
ここにいるよ、と言っている。
野に咲く花の美しさは、ずっとずっと、
私の心を惹き付けてやまない。
足を止めずにいられない。

人生はまるで白ユリを探す旅だ。
自分だけのMadonna Lilyをみんな探している。

見えているのに掴めない。
手を伸ばしても届かない。

藪(Bush)をかき分け、茨(Spinel)の棘に傷つき、山を越え谷を進み、挑戦を続ける勇気ある者にだけ、Madonna Lilyの声が聞こえる。

ここにいるよ、と囁く。

すぐそこにあるようで、果てしなく遠くにあるようで、こんなにも儚げでこんなにも可憐な白ユリ…。

荒れ狂う風雪に耐えて雑草の中、茨の向こうに今日も凛と咲く明星の花、Madonna Lily。

高潔で美しく人を寄せ付けない、それなのにいつも私たちを招いている。

私たちは時々自分のことを星に手を伸ばす愚か者のように思えてしまうことがある。

立ち塞がる荒れ野を前に足がすくみ、あと一歩が踏み出せないでためらってしまうときがある。

藪を軽々と抜けて花にたどり着く蜂の姿を羨み、力のない臆病な自分を嘆くけれど…。

a0275715_1959878.jpg


どんなに打ち消しどんなに諦めようとしても立ち去り難い思いがある。
私たちを惹き付けて惹き付けてやまない、心の中に輝く白磁のユリ。

茨の外側をぐるぐるぐるぐる
何年も何年も回りながら、私たちの毎日は過ぎていく。

いつかその花に触れる日が来るのだろうか?そんな日が本当にやってくるの?


花を撮りたくて写真を始めたのだということをふと思い出しました。
[PR]

by fraterkouhou | 2012-08-15 19:26 | つぶやき

<< 終わった…病院送りだ…。 花ごよみでかき氷 >>