どうやって痩せるか

週末土日の庄内では、痩せた太ったという話題があちこちで盛り上がっていました。

昨年あたりからフラーテル周辺はダイエットチャレンジャーがたくさんいます、私もその一人。

5kg以上痩せた人

東谷GM マイナス10kg
錦織前監督 マイナス7kg
神戸理事長 マイナス7kg
私 マイナス20kg(12か月キープ中(笑))

方法はみんな違うから面白い!
これから痩せようかなと思っている人には大いに参考になると思いますのでネタバレしてみます。

パターンは3種類



1.走って痩せる(東谷GM、錦織前監督)

元ホッケー選手ならではの方法。体を動かすことが好きで苦にならないなら走って痩せるのは最もシンプルかつ効果が早い方法だと思います。
走る距離や週何回、あるいは毎日か、などは個々の体力によって違う。

ウォーキングではなく走るという点がポイントかと。

現在キープ中の東谷GMは
「今も週3回は走ろうと努力してる、でも雨が…今日は疲れてるから…などついつい言い訳してしまう自分との戦いですね!」とコメント、
継続中の錦織前監督は、炎天下の中私がフラーテルとブラスティにアイスクリームを差し入れしたのに「謹んでお断り」されました。
なお錦織前監督はブラスティ&マスターズで現役復帰!素晴らしい~!


2.減食とウォーキング(神戸理事長)

神戸理事長のダイエットについては昨年来合宿レポートで散々ネタにしていましたのでご記憶されている方もいらっしゃるのでは?

いつもより食事を軽くしておかわりはしない、常に減食を心掛け、なるべく歩く。

高齢&足に故障ありの神戸理事長は、一年がかりで無理せず落とした感じ、この方法は誰でも今日からスタートできて、激しい運動もないから一番チャレンジしやすいと思います。

神戸理事長もマスターズで現役復帰!!オリンピックで得点した伝説のFWがフィールドに戻ってきました。



3.お勉強して痩せる(私)

私には運動して痩せるという選択肢がなく、また食べる楽しみを奪われたら生きていけないというのがありました。

食べることはやめないで、食べる順番や食べる内容、食べ合わせ、栄養バランスなどを徹底的に研究して実践。

例えば、常に水分、野菜の順に食事をスタート、たんぱく質を多く取り、同時に分解酵素を含む食品も必ずセットで食べる。

栄養素はそれを分解吸収する酵素や成分と一緒にとらないと、非常に効率が悪いのです。
何がどの栄養素の分解吸収を助けるのか、とよぉく勉強してセットで食べる。
化学式でいうところの結合要素を知って食べるとパフォーマンスがいいのだ!

サラダは5種類以上の野菜をブレンドしドレッシングではなくポン酢で食べる。
日常的には多すぎる炭水化物のうち糖質を減らして食物繊維を増やす。

カロリーより栄養バランスを重視し、水分量をたくさん取る。1食1食の単体で見ないで1日、3日、1週間などのブロック単位で見る。足りない分はサプリで補給。

何がって、このやり方ですと空腹で食事を終わらせることなく満足するまで食べられるのだ!(笑)
机上の理論を具現化する、インドア派のやり方ですな。私にぴったり(笑)


さて…
最後にひとこと。

現役から数十年遠ざかっていた神戸理事長はさておき(笑)東谷GMも錦織前監督も元ホッケー選手というアスリートです。
そして私は20kg痩せてもまだフラーテル入部の7年前に比べたらプラス5kg(笑)

つまり元々痩せていた人が太ってしまい、元の体型を目指すという事例なので、そもそも最初から太っている人はまた痩せかたの方法が違う可能性がある、と思います。

※肥満細胞がそもそも多い人なのか、単に肥満細胞が肥大化しているだけなのか、という根本的問題。


今朝のサラダ
レタスに茗荷と豆腐を載せて鰹節を振りかけ、醤油で食べる。何杯でも食べられる、めっちゃウマイ!

a0275715_1025286.jpg

[PR]

by fraterkouhou | 2012-07-31 08:22 | つぶやき

<< 続・どうやって痩せるか 猫 >>