お、終わった・・・・!

やり切った!


もう私のライフはゼロだー
完成したということは、今日からまた連日連夜のプレゼン地獄です。

今分かったけどこれって
「片道1時間半かかるところに弁当を作って届ける」
という作業なのではないだろうか?

弁当を作る、1時間半かかって弁当(朝食)を届ける。
1時間半かかって戻ってくる、また弁当(昼食)を作る。
この間に朝食を食べている人から昼食はコレコレがいいというリクエストが来るので
予定していたおかずをやめて材料を買いに走ってどうにか希望の中身に仕上げ
大急ぎでまた1時間半かかって弁当(昼食)を届ける。
で、また1時間半かかって戻ってくると、昼食の食べ終わった人が夕食のリクエストを出す。
またしても材料を変えて大急ぎでつくり、1時間半かかって届ける。

で終わったかと思いきや、翌日の3食分の大まかなメニューとおコメを用意し
おかずによっては時間が掛かるので下ごしらえしたり解凍したりと準備する。
とかやっているともう弁当を作る時間になってしまうので、大急ぎで作って
また1時間半かかって届ける。

ふと気づく。
自分は何も食べてないような気がする?いつ食べるんだ?
みたいな感じ(苦笑)

濃密に流し込まれる莫大な情報を、日々の打合せや状況変化によって微細な点まで更新し
現段階での最新情報を踏襲した内容で即出ししていかなくてはいけないのだった。

ああ眠い!
だがこれで大きな山を越えたことは確かだ。
評価はどうか分からんけど、評価とは自分でするものではなく他人がするものだから
そこで価値観や意識の差も明確になるんですよね。


ラフカディオハーン
グラバー
シーボルト
アインシュタイン
レディガガ
スティーブンセガール
クエンティンタランティーノ←大好き
チャールズチャップリン
そしてドナルドキーン

みんな日本を好きだったんだねー
私も日本が好きだ!
(↑私なりに意味のあることをメッセージしております)


まあこれで終わったわけでもなんでもなく、次は収益の計画を作らないと絵に描いた餅になる。
損益分岐点、いうなればリクープラインをどのレベルに設定するかにより難易度が変わる。

ホッケーで言えば5点ぐらい取られても6-5で勝てばいいわ、という緩めの考え方と
1点も与えず1-0で勝つ!という考え方は全然違うのと同じ。
勝てばいいという大前提は当たり前として、勝ち方にどこまでこだわるか、です。

このシミュレーションもめちゃくちゃデリケートで手作業みたいな仕事なんですよね。
そりゃ計算はエクセルがやってくれるけどどういう計算をさせるかは人間様が考えてあげないと
エクセル君は究極の受身の人だから(苦笑)

次はそれをビジュアル化。グラフに突っ込むということですね。
でそこまでやったら今度はスケジュール。アクションプログラムを中期長期、および直近の短期で策定。

ここで最初に戻ってプラン・スケジュール・予算の整合性を確認。

練習でできないことが本番で出来るはずがない!と言いますが
全くだと思うね。

この設計段階で(机上論で)実現しなかったことが本番で成功する確率は極めて低い。
奇跡とか偶然とかそういうものは全然否定しないし、プラスに働くならむしろ歓迎なのだけど!
そんな奇跡が毎回起こるはずもなく(苦笑)

うーん、雰囲気は派手なのになんて地味な仕事なのだろう!
しかもこれ作りっぱなしじゃなくて、書いたとおりに実行する責任があるもんね。



とりあえずここでお風呂に入るのだった(笑)



---☆--☆---------------------

▼名古屋フラーテルホッケーチーム公式サイトはこちら
http://www.frater.or.jp/

▼コメントは下段より投稿可能です。
なお、こちらには投稿された方のメールアドレスや個人情報は届きませんので、
返信を希望される場合はメールアドレスを記載して下さい。
(個人的なメッセージは【非公開コメント】にチェックを入れてから送信して下さい。)

---☆-------------------☆----
[PR]

by fraterkouhou | 2012-07-26 06:30 | つぶやき

<< イチローの移籍 3インチのアップルパイ >>