向こう3年の計

3年は長いのだろうか?短いのだろうか?

私事ですが・・・・
新しいプロジェクトへの参加を決心しました、昨夜。
これは多分自分のお仕事人生にとって、最後のワールドワイズプロジェクトになるのかな?そんな予感。
私のような者でも乞われて求められ、役に立てる場所があるのであれば大変ありがたいことです。
問題は自分が何をすべきか、なすべきことを受身でなく考え、確固としたプロ意識で取り組める案件なのかどうか、をこの数日自問自答していました。

向こう3年、このプロジェクトに身を置くことになります。自分ではよい決断だったと思います。
他の業務との兼ね合いや、多くなりそうな出張などをどうクリアしていくか?
スケジューリングが今後の課題かな?と思う次第です。

この秋は自分が手掛けた本もたくさん出ますし、まずもって仕事は好調な本年度ですが、それに奢らず身の程をわきまえつつ、日々勉強して行きたいと思う!
新しい情報をかなりリアルタイムに獲得していかないとダメなので、その方法をどういう形にするか今考え中!
材料が何であろうと料理できなくちゃいけないのが自分の仕事なので。

しかし、良かったなと思うことが幾つかありました。
今回のメンバーは本当に若い頃からの仲間で、20代の当時めちゃくちゃなことをして一緒に遊んでいました。
みんないい感じに年を取り(苦笑)大人になって再集合です。
(昔のことは無かったことに・・・・・)

自分たちの決断の向こうにたくさんの人たちの生活が掛かっているのはいつものことですけれど、それ以上に世の中に与える影響も大きい案件なので、自分自身がちゃんとコンセプトを持って取り組まなくてはいけない。

3年は長いのだろうか?短いのだろうか?
3年後の自分を今想像できる人は何人いるだろう?
生涯の道として自らが何かを決めて選んで前に進む、そういう選択をするシーンが人生の中でいったい何度訪れるのだろうか?そんなに何度も無いはずだ。

私の座右の銘は、

志のあるところに道がある
(精神一到何事かならざらん)

です。
惟信(惟だ惟れ信ずるのみ)の心、というのも忘れないよう胸に刻む。

在りて在る道を辿るより道なき道を切り開いていく、そういう人生を望んでいたしそうなっている気がする。
私は自分の人生の計画を18歳の時に立てましたが、さまざまな奇跡が起きてどうにかその予定通りに進んでおります。
でもこれからは分からないな、今までうまく行っていたからと言ってこれからもうまく行くとは限らないしね!

3つの誓い
1.親より長生きする
2.何もマイナスのものを残さない
3.自分の人生は自分で決める

1はなんとか行けそうな気がする(笑)
2は3次第かな?3の決断が正しければ2も自動的にOKになるでしょう。

欲しいものがあまりない私ですが、このプロジェクトが終わったらもう一度世界を旅したい。
20代の頃の私は、身も心も完全に放浪していました。親もあきらめていた。
(多分どこか地球の果てで野垂れ死ぬと思っていたに違いない。)
どうだろう?当時は20カ国ぐらいは回ったと思う。なので第2回はそれを越える旅がしたい。
今度はヨーロッパのメインを回りたいなー。

仕事でもなくホッケーでもない旅がしたい。
(できれば一人旅を希望)

やりたいことリストを80歳マイナス今の年齢で引き算をして、残りの人生で割ると全然人生が足りないことに気づく。
急いでやるのか何かをあきらめるのか、どちらもいやだから密度を濃くしてみることにしました(笑)
本当に人の人生は漂う旅のようだ!
吉田兼好をね、私は尊敬するよ!!!!

時代が違っていたら私は完全に世捨て人みたいな存在になっていただろうな。

---☆--☆---------------------

▼名古屋フラーテルホッケーチーム公式サイトはこちら
http://www.frater.or.jp/

▼コメントは下段より投稿可能です。
なお、こちらには投稿された方のメールアドレスや個人情報は届きませんので、
返信を希望される場合はメールアドレスを記載して下さい。
(個人的なメッセージは【非公開コメント】にチェックを入れてから送信して下さい。)

---☆-------------------☆----
[PR]

by fraterkouhou | 2012-06-14 14:19 | つぶやき

<< 目が・・・???? 阿須グランドの真の姿 >>